がんばりたくても力が出ない、  ひたすら“やさしい言葉”を読みたいときに

by  更新

【電子書籍アプリ】立ち直れないほど落ち込んだあなたへの100の処方箋「傷心のおくすり」
 
【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ

“なんだか今日の私は元気が出ない…”と感じるときって、ないですか? 失恋したわけでもないのに気分がブルー。そんな日におすすめの書籍アプリがこちらです。目次には「あるがまま」「やさしい言葉」「涙は流れるままに」など、100個の“おくすり名”が並んでいるので、その中から、今自分がもっとも人からかけられたい言葉を探してタップしてみて。

著者は、メンタルヘルス・アドバイザーでもある、バンビス・スノーフラワーさん。くすり瓶の表紙イラストにも心安らぐこの作品は、ベストセラーとなった彼女の話題作を、手軽に読める書籍アプリとして再構成したもの。

つらくて心が張り裂けそうなとき、“がんばらなくてもいい”“今は弱くてあたりまえ”、そんな励ましの言葉があなたの心のおくすりに。心地よい言葉の海にひたれるだけでなく、心が立ち直るための「癒しのレシピ」ページも収録されています。悲しいとき、悩んだとき、寂しいときの常備薬として、スマホの中のお守り代わりになりそう。売り上げの一部が東北支援に使われるのも、素敵ですよね。  

アプリをダウンロード

傷心のおくすり  

アプリをダウンロード

【対応機種】Android
【料金】有料 ¥368
【言語】日本語
【著者】バンビス・スノーフラワー

【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ
女性誌で活躍中のエディター。現在大学院にて心理学を勉強、ただ今二足のワラジ中。心に効く癒し系アプリを中心にお届け。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする