あの安藤優子さんも推薦する、おとなの世渡り作法とは…!?

by  更新

【電子書籍アプリ】おとなの女の世渡り力

【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ

“私って、いくつになっても世渡りベタで、人より損をしているかも”、“ウサギとカメなら私はカメ派”という人におすすめなのがこちらの書籍。働く女性の“女磨き”を実現するため、人間関係や話しかた、贈りもの、恋愛、文章術、心の休めかたなどについて“世渡り”をキーワードに87のルールを掲載。アナウンサーを経て現在は大手企業の人材教育にかかわる今井登茂子さんが、自身の体験をもとにレクチャーしてくれます。

“世渡り力”というタイトルから一見、ピンチをうまくすり抜けるウサギ的なワザなのかと思いきや“ものごとに丁寧に向き合うことが、自分の足元を固めてくれる”という、地に足のついた人生論が展開されます。「約束を守れない人に花は咲かない」「服装のセンスがいい人は仕事もできる」「空気はボディランゲージでキャッチ」「小さなしこりを、そのままにしないために」などなど、すぐに役立ちそうなルールがいっぱい。頼れる先輩女性のお話をうかがったような読後感です。

ちなみに以前、女性誌の会話術企画で著者の今井さんにインタビューをお願いしたことがありました。気づくと取材の本題以外に、私個人へのアドバイスも含めてお話いただいていたという、あたたかなお人柄が思い出されました。

アプリをダウンロード

書籍アプリ おとなの女の世渡り力

▲仕事や人間関係で壁につきあたったとき、頼りになります。

書籍アプリ おとなの女の世渡り力

▲悩み事があるとき必要な項だけ読むのもおすすめな、バイブル的コンテンツ。

書籍アプリ おとなの女の世渡り力

▲「自分が焦ったときほど、周囲がキラキラ輝いて見えるもの」と今井さん。

アプリをダウンロード

【対応機種】iPhone/iPad ※iOS3.1以降
【料金】有料 ¥85
【言語】日本語/英語/中国語/韓国語
【著者】今井登茂子
【販売元】Tarou Aimoto © 今井 登茂子/こう書房/アドベンチャー

【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ
女性誌で活躍中のエディター。現在大学院にて心理学を勉強、ただ今二足のワラジ中。心に効く癒し系アプリを中心にお届け。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする