懐かしの「ポー」の遊べるクリスマスアプリ!

by  更新

【アプリ名】ストレイシープ ポーのクリスマス Lite

【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ

「ストレイシープ ポー」は、90年代にフジテレビの深夜番組のキャラクターとして誕生しました。迷える子羊ポーは、お人よしでいつもぼーっと夢みています。ポーのかわいらしくてどこかシニカルな世界観、そしてあの印象的な音楽に再会できるアプリは、子供から大人まで楽しく遊べる“まちがいさがし”と“スライドパズル”が2種類ずつ入っています。

「ポーのまちがいさがし」は、クリスマスリースの中でポーが眠っている「Merry Xmas poe」と、大きな雪だるまの前に小さなポーがそっとたたずむ「Snow Sheep」の2つの絵柄。さっそくトライすると、BGMにあわせて数字がどんどんカウントされます。秒数が気になるとあせりますが、実は自分でギブアップを選ぶまで時間は無制限。5つの間違いを見つけられずに4回間違えると、ゲームオーバー。

「ポーのスライドパズル」は「かんたん」「ふつう」の2レベル。こちらは秒数のカウントはなく、やはり時間は無制限。「かんたん」のほうにトライしましたがちっともかんたんではなく、3~4回めになんとか成功。意外に手ごわかったです。クリスマスにぴったりな不思議で暖かいポーのイラストは、見ているだけでも心和みます。

アプリをダウンロード

ストレイシープ ポーのクリスマス Lite

▲「ストレイシープ ポーのクリスマス Lite」は、
iPad版の“遊べるアニメーションブック”「ポーのクリスマス」(現在は入手不可)から、
ゲームの一部を抜粋した無料アプリ。

ストレイシープ ポーのクリスマス Lite

▲「ポーのまちがいさがし」。さあ、どこが違うかわかりますか?

ストレイシープ ポーのクリスマス Lite

▲かんたんそうに見えるので、つい一生懸命になってしまいます。

アプリをダウンロード

【対応機種】iPhone/iPad ※iOS3.1.3以降
【料金】無料
【言語】日本語/英語
【販売元】ROBOT communications INC. © ROBOT Communications Inc.

【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ
女性誌で活躍中のエディター。現在大学院にて心理学を勉強、ただ今二足のワラジ中。心に効く癒し系アプリを中心にお届け。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする