いよいよAppleが「iBookstore」で日本語書籍の販売を開始!

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】竹下沙弥香

Appleは3月5日、「iBookstore」で日本語書籍の販売をスタートし、日本の電子書籍市場に本格参入しました。

「iBookstore」では、電子書籍リーダーアプリ「iBooks」用の電子書籍を購入可能で、購入した電子書籍はiPad miniやiPad、iPhoneで閲覧できます。今までは海外の書籍中心で、日本語書籍は著作権フリーとなったものだけでしたが、今回販売開始したのは、『ワンピース』や『テルマエ・ロマエ』、『ジョジョの奇妙な冒険』といった人気少年漫画や、講談社、角川書店、文藝春秋、学研、幻冬舎など大手出版各社の人気小説など、話題作が盛りだくさん!

今から始める 電子書籍の楽しみ方ガイド」でもご紹介しましたが、「iBookstore」は「今後最も期待できそうな電子書籍ストア」についてのアンケート調査で第2位になったことも! 限定コンテンツの配信もあるようなので、今後の動きにより一層注目したいところです。

【参照】・Apple公式ページでの発表

 

【Happyデジタル記者】竹下沙弥香
元雑誌編集者で、現在は家事が苦手で仕事が大好きな「働くママ」。ママも子どももハッピーになれる、家事お助け&子どもと一緒に楽しめるアプリをご紹介。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする