【電子書籍アプリ】たった一言で相手の心が読める 言い訳の深層心理

by  更新

【タイトル】とっさの言い訳で、その人の深層心理や性格までまるわかり!
【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ

家庭で、仕事先で、トラブル時のとっさのひとこと次第で、そのあとの明暗が分かれた、なんてことありませんか。「ダンナの言い訳なんて聞きたくないし!」という方も多いかもしれませんが、人が追いつめられた時に発する言葉にこそ、深層心理や性格特徴を見抜くための、貴重な情報がつまっているのだとか。日常生活の中のどんなトピックも「心理学」でひもとく社会学者・渋谷昌三先生によるこの本は、「言い訳」を17のタイプに分類、具体的な事例とともに解説してくれます。

たとえば、何かあった時に「○○さんが悪い」「先方が配慮のない人で…」などと“責任転嫁”から出る言い訳をする人は、困ったことがあると、世の中や周囲に対して敵意をもつ傾向があり、「時期が悪かったよね〜」「会社の体制が良くないからさ、」など自分以外に原因探しをする言い訳をする人は、楽天的かつ前向きなタイプなのだとか。「すみません、ついうっかりして…」という言い訳は、そのことに対する拒絶反応があるため約束を忘れてしまう現れであり、「おや? 確か○○したはずなんですが…」という“とぼけた”言い訳は、精神的に余裕がある臨機応変な性格の現れである、などなど、覚えておくと役立ちそうなことばかり。

巻末には言い訳する心理を読む「自意識度チェック」や、自分や相手の性格がよくわかる「フラストレーション耐性テスト」などの心理テストがついているので、自己分析もできちゃいます。

アプリをダウンロード

▲ウソも方便と言いますから、ほんとに言葉は使いようです。

▲もし、周囲の人がこの本を読んでいて、
“先に読まれていた”としたら、ちょっとイヤですね(苦笑)。

▲ こちらは対人不安テスト。
ちなみに私は「対人不安がほとんどない(言い訳無用人間)」と診断されました。

 

アプリをダウンロード

【対応機種】iPhone/iPad ※iOS3.0以降
【料金】有料 ¥85
【言語】日本語/英語/中国語/韓国語
【販売元】oshikatsu Kimura (C)渋谷昌三/経済界/アドベンチャー

【Happyデジタル記者】谷畑まゆみ
女性誌で活躍中のエディター。現在大学院にて心理学を勉強、ただ今二足のワラジ中。心に効く癒し系アプリを中心にお届け。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする