クロノ・トリガー

by  更新

【タイトル】18年経っても色あせない、スクエアエニックスの傑作PPG!
【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】梅津ミスズ

ソーシャルゲームに物足りなさを感じたら、コンシューマーゲーム(据置型ゲーム機・携帯型ゲーム機用に発売されたもの)のアプリがおすすめです。

「クロノ・トリガー」はスーパーファミコンで1995年に発売。その後、プレイステーションやニンテンドーDSにも移植され、現在も国内外のファンを魅了し続けるロールプレイングゲーム。もちろん、アプリのグラフィックはスマホ向けに最適化されています。

ネタバレにならない程度にご紹介しますと、寡黙な主人公、天真爛漫な女の子、メカマニアの幼なじみ、孤独なロボット、誇り高きカエル騎士など、個性豊かな仲間が登場します。過去・現在・未来を舞台に、世界をおびやかす強大な敵に立ち向かう冒険の旅に出ます。王道ストーリーでありながら、展開によってエンディングが異なる「マルチエンディング」に驚かされます。

制作スタッフは「ドリームプロジェクト」と冠されていて、ファイナルファンタジーで有名な坂口博信氏とドラクエの生みの親である堀井雄二氏、キャラクターデザインはドラゴンボールの鳥山明氏がスタッフに名を連ねています。光田康典氏らによるゲーム内の音楽も必聴です。

画面をタッチ、グリグリと動かしての移動はスマホ独特の操作なので最初は難しく感じましたが、だんだんと慣れてきました。完全に余談ですが、夫との初デートは「クロノ・トリガー」の話題で大盛り上がりでした。結婚式のBGMにも選んだほど思い入れの深いゲームです。

アプリをダウンロードiPhone版

アプリをダウンロードAndroid版

クロノ・トリガー A

▲ツンツン頭の主人公クロノが千年祭で謎の少女に出会います。彼女が持つペンダントが引き金になり…

クロノ・トリガー B

▲戦闘画面です。仲間が増えてレベルが上がれば、迫力のある連携技を習得することができます。

クロノ・トリガー C

▲時空を駆けめぐる乗りものです。名前を変えることもできちゃいます。

アプリをダウンロードiPhone版

アプリをダウンロードAndroid版

【対応機種】iPhone/iPad ※iOS 4.3以降/Android 2.2 以降
【料金】有料 ¥1200
【言語】日本語/英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/スペイン語/中国語(繋体字・簡体字)/韓国語
【配布元】SQUARE ENIX Co.,Ltd. © SQUARE ENIX Co.,Ltd.

【Happyデジタル記者】梅津ミスズ
美大のデザイン科出身。集客・営業ツールのデザインが得意。制作会社・広告代理店・印刷会社を経て、活動の場は、チャレンジショップ運営、講師業と広がっています。システムエンジニアの夫とのデートは、もっぱら家電量販店とマンガ喫茶。好奇心旺盛な息子とゆくゆくは一緒にアプリを開発できたらといいなあと妄想中♪

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする