iPhoneを探す

by  更新

【タイトル】万が一のiPhone紛失に備えて、ぜひ設定を!
【カテゴリ】学ぶ、知る・その他情報
【Happyデジタル記者】ゆうきゃん(いちばゆみ)

ふと気づいたら、カバンの中にもポケットにもiPhoneが入っていない! 「うそ!?…もしやどこかで落とした?」と青ざめた経験はないでしょうか? スマートフォンは情報の宝庫だけに、もし紛失してしまった場合はデータを悪用されるなどの被害が心配です。そんなときにもあわてずiPhoneを探すため、ぜひ事前に設定しておきたいのがこちら。GPS機能を利用して、iPhoneの現在地を調べたり、拾ってくれた人に連絡先を知らせることができます。

まずは、iPhoneの「設定」→「iCloud」を表示して「iPhoneを探す」をオンにしておきます。iPhone以外のiOSデバイス(iPadやiPod touchなど)にも無料アプリをインストールしておきましょう。

iPhoneが見あたらないとき、iOSデバイスをお使いの場合はパソコンやほかのスマートフォンからアプリを起動します。そして、iPhoneで使っているものと同じApple IDとパスワードを入力してログインすると、およその位置を地図上に表示してくれます。iOSデバイスがない場合はパソコンからiCloudにアクセスし、同じくAppleIDとパスワードを入力すると探せます。

どのあたりに落とした(置き忘れた)か、だいたいわかれば探すのもグッと楽に。近くにはあるはずなのに見あたらない…という場合は「サウンドを再生」を使えば、本体から警告音を鳴らすこともできます。この機能は日常的に便利かも知れません。

さらに、リモート操作でiPhoneを「紛失モード」に設定すると、あらかじめ設定されたパスコードでロックしたうえで、拾った人に連絡してほしい電話番号を画面に表示させることも可能。さらに最終手段として、データを悪用されないようにiPhoneのデータを消去してしまうこともできます。万が一データを消去しても困らないように日ごろからデータはこまめにバックアップしておくとともに、拾った人に簡単にデータを見られないように、面倒でもパスコードはかけておくようにしておきましょう。

アプリをダウンロード

iPhoneを探す A

▲「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」をオンにしておきましょう。

iPhoneを探す B

▲ほかのiOSデバイスから、なくしてしまったiPhoneと
同じID・パスワードを入力して現在位置を調べましょう。
すると…どうもさっきランチを食べたお店に置き忘れてきたらしい…と判明!

iPhoneを探す C

▲ほかのiOSデバイスから「紛失モード」に設定すると、
このように連絡先の電話番号が表示され、パスコードでロックされます。

アプリをダウンロード

【対応機種】iPhone/iPad ※iOS5.0以降
【料金】無料
【言語】日本語/英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語など30カ国語以上に対応
【制作】© 2012 Apple Inc.

【Happyデジタル記者】ゆうきゃん(いちばゆみ)
「初心者にもわかりやすく」をモットーにスマホの機種レビュー・使いこなしやネットサービスなどの記事を手がけるITライター。iPhoneで写真を撮ることにハマっています!

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする