小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法  ~ 今まで知らなかった!使いこなし術を伝授 ~

by  更新

【タイトル】シャッターを切る方法、あれこれ

【カテゴリ】写真&コミュニケーションの達人
【Happyデジタル記者】小山香織

iPhoneで写真を撮る際にシャッターを切る方法と言えば、そう、もちろん画面に表示されているカメラアイコンのボタンを押すことです。でも、ほかにも知っておくと便利なことがいろいろあります。
カメラアイコンのボタンは、押したときにシャッターが切れるのではなく、離したときにシャッターが切れます。画面に触れるときに手ぶれしがちなので、押したままにしておいて撮りたいタイミングで離すと手ぶれを防げます。

小山香織 06 A

▲ボタンを離したタイミングで撮る方法と、
この連載の第2回で取り上げたAE/AFロックを組み合わせると、
動いているものを待ち構えてちょうどいい位置に来たときに撮ることもできます。

画面のカメラアイコンのボタンを押すほかに、本体側面の音量を上げるボタンや、ヘッドフォンのリモコンの音量を上げるボタンを押してシャッターを切ることもできます。
画面に触れづらい角度で写真を撮りたいときに便利です。

小山香織 06 B

▲「写真」アプリを起動している状態で音量を上げるボタンを押すと、シャッターが切れます。

小山香織 06 C

▲ヘッドフォンをiPhoneにつなぎ、リモコンの音量を上げるボタンを押しても
シャッターが切れます。

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5マスターブック 2013 SoftBank版/au版』(マイナビ、共著)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする