iPhone×アートを楽しむイベント「iPhoneケース展」10月4,5,6日に開催。

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】戸田江里子

10月4日(金)から6日(土)まで、横浜の赤レンガ倉庫で「iPhoneケース展」が開催されます。
期間中はアーティストの方々によるオリジナルiPhoneケース作品の展示や、ケースの即売、ワークショップなど楽しい企画が盛りだくさん!家族で楽しむことができるイベントです。
昨年は約5万人の来場者で盛り上がったイベント、今年も9月20日発売になったばかりのiPhone5s,5cに対応したケースも揃えて、一段とパワーアップして開催予定です。

・イベントの詳細はこちらでチェック

・前回、今年1月に大阪で開催されたiPhoneケース展の「Happyデジタル」のレポートはこちら

「Happyデジタル」では、開催を目前に控えiPhoneケース展のアートディレクターのArtist HAL_(あーてぃすとはる)さんと2010年の初回から作品を出展しているアーティストの橋村至星さんに、お話を伺いました。

お伺いしたのは横浜赤レンガ倉庫にも近い、ハンマーヘッドスタジオにある橋村さんのアトリエ。橋村さんの力作が展示してある素敵な空間でした。

iPhoneケース展の初回は2010年。ちょうどiPhoneユーザーが増え始めた頃、iPhoneケースを媒介に、いろいろなアーティストの作品を多くの一般の方に知ってもらい機会にしたい、というきかっけでスタートしたそうです。
確かにギャラリーなどにアーティストの作品を見に行く機会はほとんどないかもしれません。「iPhoneケース」を見に行くという身近さとわくわく感が、人気を呼んでいる理由でした。

iPhoneケース展 A

画家、デザイナーとしてご活躍中の橋村至星さんは、絵画の展覧会では大きなサイズの作品を手がけていますが、毎年ご自身の手作りのiPhoneケース作品を出展しています。
実際に作品は販売もしていて、お客様が購入してくださることも制作のモチベーションになっているそう。アーティストの方にとって、直接一般のお客様の反応を知ることができるのは貴重な機会とのこと。
橋村さんの制作途中のケースも拝見しました。一つ一つ手作業で描いているとのこと。リアル感の中に温かみのあるタッチが素敵な作品です。

iPhoneケース展 B

Artist HAL_さんはアーティストとして、さらにイベント運営側のディレクター、出展するアーティストのお世話役として大忙し。着ているシャツは、ご自身の作品をプリントしたものだそう。

iPhoneケース展 C

Artist HAL_さんも橋村至星さんも、アーティストとして自分が表現する世界とアートと人をつなげたい、という想いを併せ持っているのを強く感じました。普段アーティストの方とはあまり縁のない私ですが、お二人の感性に触れることができて、新鮮で楽しいインタビューでした。

iPhoneケース展 D

「iPhoneケース展」はiPhoneを通して、アートを身近に感じることができるおすすめのイベントです。

【Happyデジタル記者】戸田江里子
「Happyデジタル」立ち上げ人。きっかけは「女子が楽しめる家電店を作りたい!」という思いから。休日は家電店を回るのが趣味。日々面白いアプリやデジタル家電を求めて情報収集中。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする