【書名】情報モラル&情報セキュリティ

by  更新

【タイトル】IT社会に感じる不安を整理してくれる本
【カテゴリ】学ぶ、知る・その他情報
【Happyデジタル記者】小山香織

今回は、いつものiPhone、iPad使いこなし術をお休みして特別編。おすすめの本を紹介します。
情報モラル&情報セキュリティ A

もともとは大学生向けの教材として開発されていた内容を、一般に販売することになったそうです。あらゆる方におすすめできますが、特にお子さんを持つ方や教育関係の方にお読みいただきたい本です。

書名からして、モラルとセキュリティを分けているところが秀逸だと思います。実際には、モラルもセキュリティもさらに多くの問題に分けられます。たとえばセキュリティであれば、身体の安全、個人情報、クレジットカードなどの財産、電子機器の安全、情報漏洩など、さまざまな要素があります。そうした問題点を分類、整理して理解できるのが、本書の大きな利点でしょう。

ニュースからは新しい言葉や現象、事件が断片的にたくさん聞こえてきて、よく理解できないままにIT社会に対するとらえどころのない不安が募る…という方に、問題をわかりやすく切り分けて解説してくれる本です。

情報モラル&情報セキュリティ B

▲クリックで拡大

基本的に1見開き(2ページ)に1テーマで、具体的な事例、用語解説、確認テスト、解説、補足情報が掲載されています。分量的にも読みやすく、理解しやすい構成です。

情報モラル&情報セキュリティ C

▲クリックで拡大

幼いころからパソコンやスマートフォンがあるデジタルネイティブの世代にとって、社会におけるリアルとバーチャルはもはや区別するようなものではありません。大人の側がそのように認識を改める必要があります。現実社会の礼儀作法や約束事や身の安全を教えるのと同じレベルで、IT社会のモラルとセキュリティを教える時期に来ているのです。

書籍の詳細

電子書籍は以下のサイトから購入できます。

●BooksV

●楽天Kobo

●Amazon

●Kindle

●Google Books

【書名】情報モラル&情報セキュリティ
【出版社】FOM出版
【価格】書籍500円(税別)

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする