【電子書籍】Alerting Kids to the Danger Zone of Kidnapping

by  更新

【タイトル】誘拐について注意をうながす子ども用絵本
【カテゴリ】エンターテインメント、読書、ゲーム
【Happyデジタル記者】内藤みか

アメリカでは年間80万人もの18歳以下の子どもが行方不明になっています。日本でも年間で19歳以下の子ども2万人もが行方不明と言われていますがアメリカの数字の大きさに驚いてしまいます。そのうちの何割かは誘拐事件なので、海外では誘拐されないために気をつけることがまとめられた絵本が何冊も出ていて、日本でも電子書籍版で手に入れることができます。近頃女児の誘拐事件が多くて心配なので私もダウンロードしてみました。

すべての大人がいい大人ばかりではないという冒頭から始まるこの絵本は、大声を出そう、車に乗せてあげると言われても歩こうなど、具体的事例を出して子ども達に危険を教えてくれています。

中でも「一部のとても淋しい人達は、友達を作るために子どもを誘拐してしまう」という言葉が胸に刺さりました。淋しさのあまり誘拐してしま人達の淋しさを何らかの形で補うことが早急に必要なのかもしれませんね。

Alerting Kids to the Danger Zone of Kidnapping A

▲どこか緊張感漂う表紙

Alerting Kids to the Danger Zone of Kidnapping B

▲いろいろなシーンへの対応も

【対応機種】Kindle(無料のKindleアプリをダウンロードすれば、iPhone、iPad、Androidでも読めます)
【料金】有料 ¥380
【言語】英語
【著者】Joy Berry

【Happyデジタル記者】内藤みか
作家。高校生の息子と中学生の娘の母。「誰も教えてくれないFacebook&twitter100のルール」「夢をかなえるiPhone」などの著者。電子書籍を読むのも書くのも大好きで、Kindleには1500冊を超える無料洋書絵本が。また、イケメン評論家として舞台「男おいらん」の脚本なども。 ツイッター @micanaitoh

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする