小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法 災害時にデバイスを活かすために、日頃から備えよう

by  更新

【タイトル】インターネットに接続していなくても利用できる地図アプリ
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

iOSの標準の「マップ」アプリや、おそらく多くの人が使っている「Google Maps」アプリ。よく知らない場所へ行くときなどには欠かせませんね。
これらのアプリは、地図データをインターネット回線、つまり携帯電話回線やWi-Fiを経由してその都度受信しています。ということは、災害に遭ってふだんとは違う帰宅経路を調べなくてはならないときなどに、携帯電話回線が混んでいたり停電でWi-Fiが使えなければ、地図データは表示できません。
そこで「MapFan+」アプリを入れておくのはいかがでしょうか。

インターネットに接続していなくても利用できる地図アプリ A

▲「MapFan+」アプリ自体は無料です。
インターネットからその都度地図を受信するタイプのアプリとして、無料で使用できます。

オプションプランを購入すると、地図をダウンロードしてデバイス内に保存し、インターネットに接続できないときにも利用できます。有料で、保存容量も多くなりますが、万一の備えとして安心です。もちろん災害時だけでなく、携帯の電波の受信状況が悪い場所でも役に立ちます。iPhoneに内蔵されているGPSにより、インターネット接続の有無とは関係なく、衛星の電波を受信できれば地図上に現在地が表示されます。

インターネットに接続していなくても利用できる地図アプリ B

▲「「MapFan+」の設定の画面からオプションプランのチケットを購入します。

インターネットに接続していなくても利用できる地図アプリ C

▲「設定」でiCloudにサインインし「書類とデータ」をオンにしてから、
「MapFan+」で地図をダウンロードします。
これにより地図のバージョン情報がiCloudに保存され、
地図の再ダウンロードが可能になります。

「Yahoo!防災速報」は、現在地に加え、最大3か所を無料で設定できます。実家の住所なども設定しておくと役に立ちます。

MapFan+ iconMapFan+ (地図・ナビ・渋滞)
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 6.0以降
【料金】無料/オプションプランは30日間で500円など
【言語】日本語
【販売元】INCREMENT P CORPORATION © INCREMENTP CORP.

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする