ニュースの閲覧をカジュアルに。300万DLを突破した人気ニュースアプリ「SmartNews」、その魅力は?

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】神谷加代

2012年のリリース以降、約1年で300万ダウンロードを突破したという話題のニュース閲覧アプリ「SmartNews」(スマートニュース)。Twitterのつぶやきをリアルタイムで解析し、今、多くの人が関心を持っている渦中の話題をセレクトして、旬なニュースを届けてくれるアプリ。GooglePlayの「アプリ・オブザイヤー2013」やAppStore「BEST OF 2013」を受賞するなど評価も高く、今回は、そんなスマートニュースのサービスを開発された代表取締役の浜本階生さんにお話を聞きました。

SmartNews 代表取締役 浜本階生さん

▲スマートニュース株式会社 代表取締役 浜本階生さん

Happyデジタル:
これほどまでに、ユーザーに支持されるようになった理由は何でしょうか?

浜本さん:
使い勝手と見やすさだと思います。スマートニュースはニュースをパッ、パッと読むことができるように、指先の操作だけでサクサク動かせるようになっています。そのため短い時間で効率よくニュースを知ることができます。また、一目でニュース全体が分かるようなレイアウトになっているのも魅力です。従来のニュースアプリは、縦一列に記事を表示しただけのものや、写真が見づらいものが多かったのですが、スマートニュースは、写真が映えるようデザイン性の高い記事の配列にこだわりました。その辺りが評価されたと考えています。

Happyデジタル:
なるほど。確かに、スマートニュースを読んでいるときって、サクサク読んでいるような、そんな感覚でニュースを見ている気がします。

浜本さん:
スマートニュースは、ニュースの全文をじっくり読むよりも見出しをまとめ読みされる方が多いです。目的もなく眺めているだけでも目にはいってくる、なんとなくでも旬な話題が分かる、そんな感じで読んでくださっている方が多いんです。紙の新聞でも、なかなか全てを読むのは難しいし、見出しだけを目で追っている方もいますよね? スマートニュースはそんな方にオススメで、カジュアルな感じでニュースを読むアプリとして使って頂けると嬉しいです。

SmartNews 1

▲スマートニュースの「国内版」カテゴリー。
一目で素早くニュース全部がチェックできるデザイン。

Happyデジタル:
表示されるニュースは、Twitterのつぶやきを分析した結果に基づいているということですが、このシステムのメリットを聞かせてください。

浜本さん:
スマートニュースで表示されるニュースは、1000万人以上いるTwitterのアクティブユーザーがつぶやいた内容をリアルタイムで解析し、その中で話題性の高いものをニュースとして選んでいます。例えば、Twitterでソチオリンピックのつぶやきが多ければ、そこに多くの人の関心があるとしてスマートニュースでもソチオリンピックに関するニュースを表示する、そのような仕組みです。

この仕組みのメリットは、“世の中の共通の関心事が分かること”です。従来のニュース配信は、専門の編集部が設けられ、そこにいる人間がどのニュースを配信するかを決めていました。ですが、スマートニュースは1000万人以上のつぶやきから関心事を探り出し、話題性の高いものがニュースになります。多くの人の関心事がニュースになっているという点で、スマートニュースを読んでおけば大丈夫、そんな感覚で使ってもらえると良いかと思います。

Happyデジタル:
Twitter上のつぶやきを解析して自動配信するにあたり、ニュースとして偏りはないのでしょうか?

浜本さん:
自動的に解析するシステムを使っているといっても、よく似たニュースが並んだりしないよう配慮しています。例えば、プロ野球の日本シリーズがいくらTwitter上で盛り上がったからといって、スマートニュースのスポーツ欄も野球一色になるかというと、そうではありません。画面には野球の他に、ゴルフ、サッカーなど他のスポーツも表示されるようになっています。また、きちんと記事の文脈も解析して、どのような話題を知っておかなければならないかも判断しています。

Happyデジタル:
Happyデジタルの女性ユーザーに対して、スマートニュースのおすすめポイントはなんでしょうか?

浜本さん:
スマートニュースには好きなニュースサイトを加えられる“チャンネルプラス”という機能があります。そこでは女性に人気のある『WooRis』『roomie』『美レンジャー』などのコンテンツも追加できるようになっているのがオススメです。ニュースを読みながらこれらのサイトも同時にチェックでき、雑誌を読んでいるような感覚でニュースも読んで頂けると思います。

SmartNews 2

▲チャンネルプラス機能の画面。
現在32媒体から好きなニュースサイトを追加できる。

Happyデジタル:
今後の抱負を聞かせてください。

浜本さん:
今までのニュースのイメージは、どちらかといえば堅苦しいイメージがありました。義務感で読まなきゃ、知っておかなきゃ、そんな感覚で読んでいた人も多いと思います。スマートニュースはそのような人に対して、ニュースの閲覧をカジュアルにし、ニュースの幅を広げていきたいと考えています。あとは、このゆるキャラを広めていきたいかな・・・(笑)

SmartNews 3
SmartNews 4

▲スマートニュースの中に日替わりで登場する地球くん。
さて、アプリのどこにいるでしょう?探してみてね。

SmartNews icon【アプリ名】ニュースが圏外でもサクサク読める! SmartNews (スマートニュース)
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 5.0以降 / Android 2.2 以上
【料金】無料
【言語】日本語/英語
【販売元】Gocro, Inc. © 2012-2014 SmartNews, Inc.

アプリをダウンロード iOS版

アプリをダウンロードAndroid版

SmartNews 代表取締役 浜本階生さんと神谷加代記者

【Happyデジタル記者】神谷加代
ライター&ブロガー。主に教育ICT関係の記事を執筆。ママと子どもが一緒にリテラシーを高めてくような使い方やアプリに興味があり、ブログなどで情報発信したり、主婦×教育×ICTプロジェクト『ママプリ』で活動中。小学生2児の母。著書に『iPad教育活用 7つの秘訣』

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする