iPhone がスキャナになるデスクライト「SNAPLITE」

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】ヤナギミナ

高性能スキャナ「ScanSnap」シリーズが好評の株式会社PFUから、iPhoneと専用アプリを組み合わせるだけで高性能スキャナになる、かんたん、かしこいデスクライト「SnapLite」が発売されることになりました。

2014年5月28日の発売日を前に、株式会社PFU イメージビジネスグループ イメージプロダクト事業部 商品企画部の飯室佳世さん、経営支援部の新井智加さんにインタビュー。

また、5月22日に行われたプレス発表会の様子も紹介します。

SnapLite A

▲株式会社PFUの飯室佳世さん(左)と新井智加さん(右)

Happyデジタル:
「iPhoneがスキャナになる」とのこと。一見、シンプルなデスクライトのようですが。

飯室さん:
「SnapLite」専用アプリをインストールしたiPhoneを本体上部にセッティングするだけで、手ブレや影の映り込みを気にせず、スキャナのように小物やメモを取り込むことができるんです。

もちろんデスクライトとしての機能も充実しています。暖色系、白色系、2色のLEDライトを搭載していて、アプリを操作しながら、シーンに合わせて色の切り替えや明るさを調節できます。
背後にはUSB端子がついていて、iPhoneやiPadの急速充電ができるのも特長です。

Happyデジタル:
「だれでもカンタンに操作できる」という点に魅力を感じました。操作方法を教えて下さい。

飯室さん:
まず、専用アプリ「SnapLite」を立ち上げると、iPhoneと本体がBluetoothで自動接続されます。iPhoneを本体上部に置き撮影モードにすると、レーザーガイドが撮影範囲を教えてくれるので、この範囲内に撮影したいものを置き、光るリスのマークをタッチするだけでOKです。

撮影した画像は、自動的にカメラロールに保存されるんです。

Happyデジタル:
これまでのスキャナのように、パソコンやタブレットにつないだり、ドキュメントの読み込みのために細かい作業をしたりしなくてもいいんですね!

飯室さん:
名刺やレシートなどの小さなものなら、重ならないように撮影範囲内に置くだけで、一度に複数の撮影ができるんです。自動的に1枚1枚の画像として保存されるので手間もかかりません。

旅のパンフレットや冊子、CDジャケット、レコードジャケットなど厚みのあるものも取り込むことが可能です。

さらに、アプリを合成モードに切り替えることで、子どもの描いた絵などの大きなサイズのものも1枚の画像として収めることができるんです。

SnapLite B

▲合成モードで最大A3サイズまで取り込み可能

SnapLite C

▲ショップカードや名刺も一度に取り込みOK!

Happyデジタル:
上から撮影できるので、スクラップブッキングのように立体感のあるコラージュや、アクセサリーなども取り込むことができますね。

飯室さん:
それだけではなく、両手が自由に使えるので、ひとりで撮影するのが難しかったネイルアートや料理のプロセス写真などもカンタンに撮影できます。
自動で傾き補正、トリミングもできるので、きれいな四角形でiPhoneに取り込むことができ、撮影の幅も大きく広がりますよ。

取り込んだ画像はシェアボタンで、FacebookやTwitter、TumblrなどのSNSやメールに連携できるので、毎日の暮らしの中で見つけた、ちょっとした出来事も、みんなとシェアできるのも魅力です。

プリントして、メッセージカードやウェルカムボードに利用するのもおすすめです。

SnapLite D

▲iPhoneをセットしタップするだけで、手作りのお菓子もカンタンに取り込み、即アップ

Happyデジタル:
シンプルでインテリアに溶け込むようなデザインもステキですね。

飯室さん:
「SnapLite」のコンセプトは「まいにちを集めよう まいにちをシェアしよう」。

これまでのPFUはビジネスユースのハードなイメージが強かったのですが、今回はそのイメージを脱ぎ捨て、「みなさんの生活に寄り添いながら、日常をもっとハッピーに」との思いを込め、クリエイティブディレクターに、家電、インテリア用品などを手がけるクリエイティブユニット「TENT」のお二人を迎えました。

シンボルマークも、小さなものを集める「リス」をモチーフにし、親しみやすさを表しています。

これまでスキャナを利用したことのない方、特に毎日の暮らしを楽しんでいる女性の皆様に、ぜひ使っていただきたいです。

「SnapLite」を体験し、まずカンタン、キレイにドキュメントを取り込むことができることに便利さを感じました。小物やお菓子などの撮影も、Webでのシェアもカンタンにできるので、ネットで自分の作品を発表したいクリエイティブママは必見です。

「SnapLite」プレス発表会レポート
去る2014年5月21日、恵比寿にある「CAFE PARK」にて行われたプレス発表会。IT系メディアはもちろん、ファッション誌やインテリア誌、ママ向け雑誌といったライフスタイルにこだわりのあるメディアからも注目され、思い思いに実機を体験していました。

SnapLite E

▲株式会社PFUの佐藤菜摘さん。女性チームによる製品開発、展開とのこと

SnapLite F

▲デザインユニット「TENTのお二人。青木亮作さん(左)治田将之さん(右)


▶SnapLite製品サイト
▶TENT

SnapLite G
【商品名】SnapLite
【価格】12,800円(税抜価格11,852円)
【発売日】2014年5月28日

SnapLite icon【アプリ名】デスクライト本体と連動する専用アプリ「SnapLite」
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS6.0以降
【料金】無料
【言語】日本語/英語
【販売元】PFU LIMITED © PFU LIMITED 2014

アプリをダウンロード

【Happyデジタル記者】ヤナギミナ
編集・ライター。女性誌の編集を経てフリーランスに。守備範囲はファッションからデジタルまで、女性向けライフスタイル全般。本業のかたわら西洋占星術師としても活動。子育て占星術、アロマ占星術を実践中。宝塚ファンの娘がひとり。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする