小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法 iOSの文字入力をもっと使いこなそう

by  更新

【タイトル】外付けキーボードで長文もらくらく!
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

今月のテーマは、iOSデバイスの文字入力。便利な方法を知って、iOSデバイスをもっと使いこなしてください。
今回は、iOSデバイスで外付けキーボードを使う方法を紹介します。キーボードがあれば、長文のメールもブログもレポートも、iOSデバイスでらくらく書けますね。
今回はiPadで解説しますが、iPhoneでも同じように使えます。

Keyboard K811の製品画像

▲今回使用したのは、ロジクールのBluetooth Easy-Switch Keyboard K811。
バックライト付きの便利でキレイなキーボードです。
一緒に写っているのはiPad mini。このキーボードの場合は、
iPad用のスタンドを別途用意すると、
より使いやすくなります。

外付けキーボードを充電して電源を入れ、Bluetoothの接続モード(ペアリングモードとも呼ばれる)にします。その方法はキーボードにより異なるので、付属のマニュアルなどを参照してください。

設定画面の画像

▲iPadでは「設定」を開き、Bluetoothをオンにします。
そしてキーボードの名前が表示されたらタップします。

このキーボードの場合はこれだけで接続できます。キーボードによっては、iPadの画面にPINコードの入力を求めるメッセージが表示されることがあります。その場合は、表示されたPINコードを外付けキーボードから入力します。

入力中画面

▲接続が完了すれば、あとは必要なときに外付けキーボードから入力できます。
スペースバーで入力、returnキーで変換の確定や改行など、パソコンの操作とほぼ同じです。
キーボードを接続しているときは、画面上のキーボードは表示されません。

地元のアプリに注目! D

▲日本語と英語など入力する文字種は、このキーボードの場合、
commandキーを押しながらスペースバーを押すと
このような表示が出て切り替えられます。
これもキーボードにより異なるので、マニュアルなどを参照してください。


▶Logicool Bluetooth Easy-Switch Keyboard K811

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする