小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法 iOSの文字入力をもっと使いこなそう

by  更新

【タイトル】音声入力、使っていますか?
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

iOSデバイスを話し言葉で操作できるSiriは有名ですが、話し言葉で文章を入力することもできます。なかなか精度が高く、画面上のキーボードより速く入力できるかもしれません。ぜひお試しください。

音声入力を始める最初の画面

▲音声入力を始めたいときに、キーボードの左下にある
マイクのアイコンをタップします。

マイク使用中の画像

▲デバイスのマイクに向かって話します。
話し終わったら画面下部の「完了」をタップします。

「わたしは てん そうおもいます まる」のように話すことで、句読点も入力できます。

音声入力がうまくいかない場合のチェックポイントも紹介しておきましょう。

まず、キーボードにマイクのアイコンが表示されない場合。音声入力をするには、Siriが有効になっていることが必要です。

設定画面

▲「設定」>「一般」>「Siri」をタップして、
Siriをオンにします。

次に、マイクのアイコンをタップしても音声入力の画面にならない場合。音声入力にはインターネット接続が必要です。Wi-Fiか携帯電話回線でインターネットにつながっていることを確認してください。

そして、日本語を話したはずなのに英語の文章が出てきてしまうなど、言語が適切に認識されない場合。実は音声入力は、画面に表示されているキーボードの言語として認識されます。

日本語を音声入力する画面

▲日本語を音声入力するなら、
日本語を入力するキーボードにしてから、
マイクのアイコンをタップします。


▶Logicool Bluetooth Easy-Switch Keyboard K811

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする