Rolto – 画面をそのままプリント!

by  更新

【タイトル】iPhoneから無線で印刷。キュートなプリンター「ロルト」
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

キングジムの「ロルト」は、iPhone 5s/5c/5/4Sと第5世代のiPod touch(以下、まとめて「iPhone」と表記します)から専用の感熱式ロール紙に直接プリントできる、小型のプリンターです。iPhoneには、専用アプリの「Rolto – 画面をそのままプリント!」をインストールします。

rolto A

▲手のひらサイズで、デザインもキュート。
奥にあるのは大きさ比較のためのiPhone 5sです。
使うときは、ロルトを電源に接続する必要があります

ロルトとiPhoneは無線LAN(Wi-Fi)で接続します。無線LANルータなどのアクセスポイントにロルトとiPhoneの両方を接続する方法に加え、ロルトとiPhoneを直接接続することもできるのでアクセスポイントがない環境でも使えます。

rolto B

▲無線LANで接続したら、専用アプリを起動。
これらの内容をプリントできます。
ここにない項目でも、iPhoneのスクリーンショットを撮れば
「写真」として何でもプリントできますね

rolto C

▲上の図で「ブラウザ」を選択した場合は、
プリントしたいWebページを表示し、
一番下にあらわれるプリンタのアイコンをタップします。
表示されるメニューから「すべてプリント」をタップすると、
ページ全体がロール紙に長くプリントされます

rolto D

▲地図や写真にiPhoneの画面上で
書き込みをしてからプリントする機能もあります

rolto E

▲写真や地図をプリントするときは、
モノクロかグレーを選択できます。
トリミングもできます

専用ロール紙は、裏紙をはがすとラベルになります。ただし、感熱式なので長くとっておきたいものには不向きです。
スマホを持っていない家族や友だちに、メモや待ち合わせ場所を渡したい。料理をしながらiPhoneを見るのは難しいから、レシピをプリントしておこう。お店のクーポンをプリントすればすぐに使える。こんなふうに、使い方を考えるとワクワクする道具って素敵ですね。あなたならどんなふうに使いたいですか?
今回の試用とあわせて、キングジムさんにロルトのお話をうかがってきました。インタビュー記事もぜひご覧ください。
「ロルト」を開発したキングジムさんに話を聞いてきた【その1】インタビュー記事はこちらです。
「ロルト」を開発したキングジムさんに話を聞いてきた【その2】インタビュー記事はこちらです。

アプリをダウンロード


▶ロルト製品サイト(キングジム)

roltoアイコン【アプリ名】「Rolto – 画面をそのままプリント!」
【対応機種】iPhone/iPod touch(第5世代) *iOS6.0以降
【料金】無料
【言語】日本語/英語
【販売元】KING JIM CO.,LTD. © KING JIM CO.,LTD.

 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする