イベントレポート☆「親が知っておきたい子どものスマホ・タブレット学習」体験イベント

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】倉井美穂

2014年8月23日、「親が知っておきたい子どものスマホ・タブレット学習」体験イベントが開催されました。
イベントにあわせて、Google+コミュニティがスタート。

▲「子どものスマホ・タブレット学習」コミュニティはこちら

▲「HappyデジタルGoogle+女子部」コミュニティはこちら

コミュニティでは事前にママの不安や期待の投稿で盛り上がり、セミナー当日を迎えました。
当日はお子さま連れの方も多数ご来場いただき、和やかな雰囲気の中、子どもとネットの付き合い方、スマホ・タブレット学習についてレクチャーしていただきました!

Google親子イベント A

▲オープニングの会場風景

タブレット学習で教育現場が変わる!

 
まずは「ママプリ主宰」(主婦×教育×ICTを考えるコミュニティ)、そしてHappyデジタル記者でもある神谷加代さんのパネルトークからスタート。ご家庭でのタブレット活用法やルール、そして小学校での活用事例など、具体的なお話を披露してくださいました。

神谷さんのお子さんたちは小さい頃から動画やゲームだけでなく、教育アプリ、辞書など実に多彩にタブレットを使いこなしています。親子間でのメールはコミュニケーションにも役立っているのだそう。一方で、親としてルールもしっかり決めていて「リビングで使う(一人の世界にしない)」「アプリは勝手にダウンロード・削除しない」などを子どもたちに守らせているとのこと。

Google親子イベント B

▲「ママプリ主宰」
(主婦×教育×ICTを考えるコミュニティ)
神谷加代さん

教育ライターとしての顔も持つ神谷さんには全国の小学校でのタブレット活用事例についても伺いました。小学校によってはアプリを使ってドリルに取り組んだり、社会科の課題をムービーにまとめたりと、さまざまな使い方をしているそうです。今の小学生はママ世代にはなかったデジタルツールを活用した学習が進んでいるのですね!

カンタン!便利!ママのためのGoogle+(グーグルプラス)コミュニティ活用法

 
続いて、グーグル株式会社 Google+マーケティングチームの金子千尋さんが「Google+コミュニティ」の便利な使い方や特長についてレクチャーしてくださいました。

Google親子イベント C

▲Google+マーケティングチーム 金子千尋さん

「子連れでお出かけできる場所って?」「みんなは子育てどうしているのかな?」など…、子育て中のパパやママの関心はつきないものですよね。

そんな方におすすめなのが「Google+コミュニティ」。「Google+」は、Googleが提供するソーシャルサービス。「Google+コミュニティ」は、自分と同じ関心を持つ人と話題を共有できる、いわば掲示板のような場所です。
このセミナーにあわせて開設したコミュニティ「子どものスマホ・タブレット学習」に、実際に参加者がアクセスして、投稿や便利な機能を体験しました。

「Google+」は実名以外でも登録可能、一般公開コミュニティ以外に招待者だけが参加できるコミュニティもあります。「東京子連れマップ」、「簡単料理レシピ」などコミュニティの内容は実に多彩。共通の話題で盛り上がることでオンラインママ友の輪もぐんぐん広がります!

そしてママへのおすすめが「Google+」での写真の管理。
スマホやデジカメで撮った写真が「非公開・無料・無制限で自動バックアップ※」できます。専用アプリをパソコンやスマホにダウンロードすれば、パソコン・スマホからも無料・容量制限で自動バックアップができます。これらを、特定の人にシェアしたり、特定のコミュニティにシェアしたりすることもできます(だけシェア機能)。他のSNS(Facebook、Twitterなど)へもシェアできるので、写真は一括「Google+」で管理して、シェアは様々なSNSへ広げることもできます。
※無料・容量無制限(長辺〜2,048px)。
※2,048px以上の高画質写真も15GBまで無料でバックアップできます。さらに写真の自動補正機能など、写真をより美しく、楽しむ機能も充実。

Google親子イベント G

▲自動バックアップをはじめ、
Google+には写真に関する
便利な機能が満載!

一児の母である金子さんも公私ともども大活用されていて、参加者の皆さんも興味津々でした。
Google+の便利な機能についての詳細はこちら

Google+が写真整理の時短に大活躍

 
続いては、グラフィックデザイナー&2歳児のママの梅津ミスズさんが、Google+活用ママの事例を披露。
子どもの写真を撮ったものの忙しくて全然整理できないことってありませんか?そんな悩めるパパ&ママに梅津さんが「魔法の写真整理術」を教えてくれました。

Google親子イベント D

▲Spinof Design 代表 梅津ミスズさん

現在、梅津さんがしているのはなんと「スマホで写真を撮るだけ」。

「Google+」の自動バックアップ設定で、一度「オン」に設定してしまえば、あとはGoogle+が自動的にバックアップしてくれます。さらに「おまかせビジュアル」サービスでは、たくさんの写真からベストな1枚を選んだり、逆光ぎみの暗い写真を明るく自動補正してくれたり、複数枚同じタイミング・背景で撮った写真があれば「モーション」機能でパラパラアニメにしてくれるのだそうです。また、1日に撮った写真をまとめてスライドショーにしてくれる「ストーリー」機能も。
朝、起きたらすべてができあがっていて、梅津さんいわく「童話に出てくる小人の靴屋さんのような存在♪」なのだとか。これらの機能はすべて無料で使えるというのも驚きです。
Google+にこんな便利な機能があるなんて、まさに目からウロコでした!

なお、Google+上で整理された写真はあらかじめ指定したメンバーにのみ公開され(だけシェア)、いつのまにか一般公開されていた、なんてことはないそうなのでどうぞご安心を。梅津さんは家族にのみ公開して我が子の成長ぶりを楽しんでいるそうです。

そして写真整理など時短につながり、家事や育児、仕事に使える時間が増えるのも嬉しいとのことでした。

親子で学び、楽しもう!おすすめアプリ&ノートブックをご紹介

 
当日はおすすめの教育アプリやノートブックのタッチ&トライタイムもありましたのでご紹介します。

「アプリゼミ」
株式会社ディー・エヌ・エー エンターティメント事業本部企画推進室の床鍋佳枝さんに「アプリゼミ」をご紹介いただきました。私も使ってみましたが、可愛いキャラクターや学校の授業が楽しくなる工夫が随所にあって、大人でも思わず熱中してしまう面白さなんですよ!

Google親子イベント E

▲株式会社ディー・エヌ・エー エンターティメント
事業本部企画推進室「アプリゼミ」
床鍋佳枝さん

「アプリゼミ」は、企画・監修がNHKエデュケーショナルというのも安心です。実際にアプリゼミを使って学習している児童を紹介する映像では、楽しく学習している様子が印象的でした。
「アプリゼミ」は好評につき無料期間が2015年3月号まで延長とのことですので、お子様をお持ちの方はこの機会にダウンロードして試してみる価値ありです。

Happyデジタル記者の「アプリゼミ」のレビューはこちら
Happyデジタル記者の「アプリゼミ」のインタビューはこちら

「ワオっち!」
また「ワオっち!」シリーズ(株式会社ワオ・コーポレーション)もおすすめの知育アプリの一つ。年齢別にさまざまなシリーズが用意されていて、ゲーム感覚で親子で楽しく学ぶことができます。

「Chromebook(クロームブック)」
最後に、日本エイサー株式会社 プロダクトセールス&マーケティング部 プロダクトマーケティングプロダクトマネージャーの西山隆康さんからChromebookのご紹介&体験がありました。個人向けの販売はまだですが、起動が早くてウィルスの心配もいらず、タブレット学習に最適なPCとしてすでに教育現場で多数導入されているのだそうです。

Google親子イベント F

▲会場の一角の託児スペース。
元気な子供たちの声に囲まれたセミナーでした
 協力:株式会社AsMamaアズママ

Google+コミュニティ「子どものスマホ・タブレット学習」コミュニティでは、「家でのネットルール、どうしてる?」「どんなタブレット教材を使ってる?」など活発な意見交換を行なっています。ぜひ、こちらものぞいてみてくださいね!

▲「子どものスマホ・タブレット学習」コミュニティはこちら

▲「HappyデジタルGoogle+女子部」コミュニティはこちら

【Happyデジタル記者】倉井美穂
消費生活アドバイザー/ライター。家電の取扱説明書制作を経て、守備範囲は生活全般に。家事に育児に仕事に奔走、カフェ&書店めぐりが大好きな二児の母です。1日が36時間くらいあればいいのに!

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする