キッズ向けスマホってどうなの?!

by  更新

【タイトル】3点のキッズ向けスマホを紹介します!
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】yuka

お子さんに「そろそろスマホが欲しい!」と言われてませんか? 小学3年〜6年までの女子が欲しいもの第1位が携帯電話だそうです。友達との連絡手段に使いたい! アプリを使って遊びたい! そう思う気持ち、自分に置き換えてみればわかりますよね〜。
でも、子どもだから全ての判断を任せられないし、ある程度は親が管理しないと…。そんな方にオススメしたいのがキッズ向けスマホです!

今回は各キャリアから発売されているものではなく、SIMカードを使用した2点とwifi接続のみの1点を紹介したいと思います。

まずはメガハウスから7月に発売された『Fairisia(フェアリシア)』。
こちらは、“女の子のための”というコピーが付いているように、10〜13歳の女の子向けに作られたスマホ。
IP電話、メール、インターネットが使え、30種以上のコンテンツがプリインストールされています。
その他、チャットアプリや辞書アプリ、オリジナルアプリも充実しているし、GooglePlayにも対応しているので、自分好みにカスタマイズできるスマホです。

ペアレンタルコントロールは、アプリの利用制限・曜日別の利用時間制限、GPSで位置情報の取得、遠隔操作でスマホ紛失時の端末ロック・スマホ内情報の消去が可能、子どもがダウンロードしたアプリの確認、とかなり充実。
SIMカードは専用のNTTドコモ3G回線があらかじめセットされています。毎月の通信サービス料は2,390円、本体価格は22,990円(税抜)です。

kidssumapho_A

▲『Fairisia(フェアリシア)』。カラーバリエーションは、ホワイトとラベンダーの2色。

 

2つめはクロスリンクマーケティングから4月に発売されたポラロイド社製の『PolaSma(ポラスマ)』。9〜12歳の子ども向けに作られたスマホです。
メールや電話は登録しているユーザーにのみ受信・発信が可能です。アプリも専用ストアからダウンロードできます。

KIDO’Zというアプリを使用する独自のペアレンタルコントロールを採用。専用ストアからのアプリインストールの制限、ウェブサイト閲覧制限、アプリやコンテンツへの個別アクセス制限、オンラインゲームの使用制限、ビデオチャンネルの閲覧制限、端末使用時間に制限をかけられます。コンテンツとアカウントを一画面でまとめて管理できるのも特徴で、子どもの年齢に応じた細かい設定ができます。その他に、GPSで位置情報の取得も可能です。
SIMカードはフリーなので格安SIMの利用が可能。しかも2スロットなので利用シーンに合わせて入れ替えもできます。本体価格は27,999円(税抜)です。

kidssumapho_B

▲『PolaSma(ポラスマ)』。カラーバリエーションは、チェリー、ブルーベリー、レモンの3色。

 

3つめはクロスリンクマーケティングから4月に発売されたKD Interactive社製の『Kurio(クリオ)』。
タブレット型の7Sは4歳以上、スマホ型の4Sは6歳以上の子ども向けに作られたもの。
約50種類以上の人気アプリがプリインストールされています。また、アプリは専用ストアやGooglePlayからもダウンロードできます。
すでに欧米で販売実績がある端末で、Kid-Safeインターネットフィルタリングシステムという独自のペアレンタルコントロールを採用。インターネットフィルターが子どもの年齢に応じて細かく設定できたり、170言語・4.5億のwebサイトをカバーして不適切なコンテンツを制限したり、両親による特定webサイトや不適切な用語のブロック、使用時間設定、アプリ管理ができます。
ユーザー登録ができ(7Sは8名まで、4Sは4名までユーザー登録可能です)、アカウントごとの制限設定が可能です。
通信はwifi接続のみ。子どもがスマホを欲しがっているけど、どこでも通信できてしまうのは親として心配…という方にオススメです!
本体価格は7Sが18,999円(税抜)、4Sが11,999円(税抜)です。

kidssumapho_C

▲『Kurio(クリオ)』。左がスマホ型の4S、右がタブレット型の7S。

 

以上3点を比べてみて、安全面ではどれも問題ないし、通信費に若干の差が出るぐらいで、親の気持ちも子どもの気持ちもよく考えられてるな〜と関心しました。私個人としては女の子ならフェアリシア、男の子ならポラスマ、就学前・小学校低学年の子どもならクリオを持たせたいですね!

【Happyデジタル記者】yuka
webデザイン勉強中で小学生男子の母。デジタルもの、ファッション、美味しいものが大好き。リアルでもネットでも、好みのものを見つけてショッピングするのが楽しみ。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする