インタビュー☆iOS用「mazec」の開発、現在、そしてこれから【その2】

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】小山香織

「お待たせしました。これから新しい世界を体験していきましょう」

前回の記事【その1】に続き、iOS 8のリリースと同時手書き入力ソフト「mazec」を発売したMetaMoJi社の浮川和宣社長、浮川初子専務のインタビューの模様をお届けします。
文字入力のあり方、私たちとITとのかかわり、mazecの可能性や今後の展開などをうかがいました。

mazecインタビュー第2回 A

▲株式会社 MetaMoJiの
浮川和宣代表取締役社長と浮川初子代表取締役専務

Happyデジタル:
キーボードを使わない入力というと、iOSにも標準で装備されている音声入力もあります。

和宣社長:
音声入力も、ひとつの方法としてはもちろんアリです。しかし私の理想とは違います。私の理想は、いつでもどこでも入力できるということです。たとえばインタビューや打ち合わせをしているときに、デバイスに向かってメモする内容を話すわけにはいかないでしょう? 手書きなら、場面も場所も問いません。

mazecインタビュー第2回 B

▲手書きなら、場面も場所も問いません

和宣社長:
それと、キーボードも音声も、正しい読みを知らないと入力できません。手書きなら、文字の形を書けば入力できる。そこが本質的に違います。手書き入力は、キーボード入力を補完できるものです。

Happyデジタル:
mazecのサイトにもさまざまな利用シーンが掲載されていますね。

和宣社長:
これまで、キーボード入力が苦手で、タブレットなどのデバイスやインターネットになかなか近づけなかった方がいらっしゃると思います。そうした方々に「お待たせしました」と言いたいですね。

Happyデジタル:
これまでITにあまり縁がなかった方々に、ぜひ知っていただきたいですね。

和宣社長:
この記事をお読みの方はすでにITに接しているわけですから、皆さんから親御さんなどのシニア層やキーボード入力に抵抗のある方々に、手書きで使えるということを伝えていただきたいと思います。お子さんの場合は、文字を手で書いて覚えることにもつながりますね。

初子専務:
多くの方にmazecを知っていただく機会をこれから作っていきたいと、いろいろなことを考えています。

mazecインタビュー第2回 C

▲多くの方にmazecを知っていただく機会を
これから作っていきたい

和宣社長:
IT機器やインターネットは、いながらにして旅ができるのと同じだと思うんですよ。

Happyデジタル:
どういうことでしょうか?

和宣社長:
旅に出ると、見たことのない風景を見たり、知らなかったことを体験したりしますね。それが喜びや成長となる。インターネットでも、新しいものを見る、発見する、学ぶ、人とつながる、そしてそれによって自分の世界が広がります。キーボード入力が壁となってそうした世界に踏み出せないのはもったいないことです。

Happyデジタル:
手書き入力でその壁を取り払うということですね。

和宣社長:
キーボード入力は、キー配列や入力のルールを覚えるなど、使う側がコンピュータに近づいて合わせる必要があります。mazecは、ひらがなで書いても漢字で書いてもいいですし、くせ字も認識します。字形登録の機能もあります。これからさらに開発を進めて、コンピュータを自分に近づけたい、パーソナライズできるものにしていきたいと考えています。

初子専務:
これからも、入力がもっと便利になったり楽しくなったりする機能をmazecに搭載していきます。どうぞ楽しみにしていてください。

和宣社長:
手書きで文字を書くことは、とにかく楽しいんです。この楽しさを、ぜひ体験していただきたい。これから、誰も体験したことのない新しい世界を、ともに体験していきましょう。

mazecインタビュー第2回 D

▲これから新しい世界を体験していきましょう


▶株式会社 MetaMoJiサイト

mazecアイコン【アプリ名】「mazec – 手書き日本語入力ソフト」
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS8.0以降
【料金】有料 ¥900
【言語】日本語/英語
【販売元】MetaMoJi Corporation © Copyright 2014 MetaMoJi Corp

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6 Plus マスターブック』(マイナビ、共著)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書多数。訳書近刊は『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本』(マイナビ)。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする