iOS 8は、ほかのデバイスとの連携も便利

by  更新

【タイトル】Instant Hotspotで、回線をラクラク共有
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

 
iPhoneは、携帯電話回線でほぼ常にインターネットにつながっています。この回線をほかのデバイスから利用できる機能が「テザリング」。この機能は以前からありますが、iOS 8.1ではもっと簡単にすばやく使えるようになっています。それが「Instant Hotspot」という新機能です。

iOS8_07_A

▲iPhoneと、もう1台のiOSデバイス(ここではiPod touch)で
「設定」>「iCloud」を開き、
同じApple IDを使ってiCloudにサインインします

 
 
iOS8_07_B

▲また、両方のデバイスでBluetoothをオンにします

 
 
準備はこれだけ。iPod touchの「設定」>「Wi-Fi」を開くと…
 
 
iOS8_07_C

▲接続先としてiPhoneが表示され、
タップするだけで接続します

 
 
iPhoneの回線やバッテリー残量もわかるので便利ですね。これで、iPhoneの回線を共有して、iPod touchもインターネットに接続できます。iPhoneがバッグの中に入っていても、スリープしていても、つながります。
 
 
iOS8_07_D

▲iPod touch側は、機種名の右に
テザリングのアイコンが表示されます。

 
 
iOS8_07_E

▲iPhone側は上部が青色になり、
「インターネット共有:1台接続中」の文字が
ゆっくりと点滅します。

 
 
ただしテザリングができるかどうかは、携帯電話会社との契約を確認してください。またテザリングを利用すると通信量が増えがちです。携帯電話会社との契約の上限に注意しましょう。
 
 


▶iOS 8の連携機能(Apple社のサイト)

動作対象機種などはAppleのサイトで確認してください。
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『iPhone 5 [S][C] マスターブック 2014』(マイナビ、共著。docomo/au/SoftBankのそれぞれの書籍があります)など、iOS、Mac、ビジネスアプリケーション関連の著書、訳書多数。野球観戦とペンギンが好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする