ハウスダストから子供を守るために!

by  更新

【商品名】ふとんクリーナー「レイコップ」
【カテゴリ】便利&デザイン家電
【Happyデジタル記者】Kaori

もう12月。大掃除の季節ですが、皆さんはベッドの掃除ってどのようにしていますか?
シーツ、ベッドシートを洗って干すというのが一般的だと思います。私もそうでした。

でも、子供が生まれて、一緒にベッドで寝るようになったときに、「マットレスってずっと洗っていないけれど埃とか大丈夫なのかな?」と疑問を持つように。

また、雨が続いたり、湿度が高かったりで、シーツさえも洗うことができないと、その疑問は不安へと変わり、布団の埃で子供の健康を害してしまったらどうしよう…なんてことを考えるように。

そんなときに目に飛び込んで来たのが「レイコップ」。
医師が研究開発したというだけあって、購入者世界満足度も高く、またUV(紫外線)を照射することで除菌までできるということで、早速購入!

持った感じはちょっと重いかな? と思ったのですが、実際に使っていると全然気になりませんでした。また、”パワフルWたたき”(毎分4,000回の振動パッドで布団の奥に潜むダニを叩きだす)を謳っていたので、うるさいのかな? とも思いましたが、これも普通の掃除機と同じぐらいの音で問題ありませんでした。

raycop_A

▲UV(紫外線)照射がされているときは
左右の線が青く光ります。

 
そして、一番ワクワクする瞬間。それは実際に埃がどの程度取れたか、効果が目に見える瞬間です。本体に付いているダストボックスを引き抜くと取れた埃が一目瞭然。これで子供を埃から守れた! なんて大げさなことを思ってしまいます。

raycop_B

▲ダストボックスは簡単に取り外せます。

 
ダストボックスのフィルター掃除も簡単で、埃が飛ばないように水の中で洗うだけ。後は乾かしてからまたセットすればOK。

「レイコップ」を使用する前は、シーツを干した後でも埃っぽい・・・と思うことがあったのですが、使い始めてからはそんな心配もなくなりました。製品のキャッチコピー「干すよりキレイ。」というのを正に実感。

布団は家の中で最もハウスダストやダニが発生しやすい環境と言われているそうなので、ご心配な方はぜひお試しください!


▶ふとんクリーナー レイコップ 製品サイト

【Happyデジタル記者】Kaori
Webデザイナー。一児の母として仕事と育児の両立を模索中。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする