2015年、「ヘルスケア」アプリが真価を発揮する!

by  更新

【タイトル】iOS 8から追加された「ヘルスケア」アプリとは!?
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

iOS 8で新たに追加された「ヘルスケア」アプリ。どんなものだろうと起動してみたものの、なんだかよくわからない…という方が多いようです。

0107healthcare_A

▲iOS 8には、標準で「ヘルスケア」アプリが含まれています

 
 
0107healthcare_B

▲iPhone6などでは、内蔵センサーにより歩数や階段を上った
階数が記録されています。でも、それだけのアプリなの?

 
 
実はこの「ヘルスケア」アプリ、単体で使うものというよりは、ほかのアプリやiOSデバイス以外のセンサー機器と連係してデータを集めて表示するアプリです。走った距離、心拍数、食べたものなどの情報をセンサー機器や専用アプリで記録し、その情報を「ヘルスケア」アプリに集めて整理するというイメージです。

2015年は「ヘルスケア」アプリが真価を発揮してブレイクしそうです。なぜならiOS 8の新機能なので、連係するアプリやセンサーがこれから増えていくことが予想されるからです。

0107healthcare_C

▲App Storeにはすでに「ヘルスケア」対応アプリが登場しています。
これからさらに増えていくでしょう

 
 
特に注目されるのが、Appleから2015年に発売される腕時計のApple Watch。Apple Watchには、動きを検知する加速度センサーや心拍センサーなどが搭載されます。これらを利用して、スポーツや日常の動き、運動強度などを測定します。そしてそのデータは、Apple Watch上で確認するだけでなく、iOSデバイスの「ヘルスケア」アプリと共有できるのです。

0107healthcare_D

▲Apple Watchの登場が楽しみですね!

 
 
iOSデバイスを健康管理にも役立てる人がどんどん増える。2015年は、そんな年になりそうです。

※Apple Watchについては、本稿執筆時点(2014年12月)でApple社のWebサイトに掲載されている情報をもとに記述しています。


▶iOS 8 – ヘルスケア(AppleのWebサイト)


▶Apple Watch(AppleのWebサイト)

 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする