iOS 8とOS X Yosemiteを連携して使おう☆第3回

by  更新

【タイトル】iPhoneにかかってきた電話を、Macで受ける!
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

隣の部屋で充電中のiPhoneが鳴っている。
バッグの中で鳴っているiPhoneをなかなか取り出せない。こんなとき、Macを使っていれば、Macで応答できます。
この機能を使うには、iPhoneとMacが、同じWi-Fiネットワークに接続していることが必要です。さらに、以下の設定をします。

Yosemite_20150114_A

▲iPhoneでは「設定」>「iCloud」でサインインします

Yosemite_20150114_B

▲Macでは「システム環境設定」>「iCloud」で、
iPhoneと同じApple IDを使ってサインインします

Yosemite_20150114_C

▲iPhoneで「設定」>「FaceTime」を開き、
iCloudと同じApple IDでサインインします。
また「iPhoneでの通話」のスイッチをオンにします

Yosemite_20150114_D

▲Macでは「FaceTime」アプリの環境設定を開き、
iCloudと同じApple IDでサインインします。
また「iPhoneセルラー通話」にチェックを付けます

これで設定は完了です。iPhoneに電話がかかってくると……

Yosemite_20150114_E

▲Macにこのように表示されます。
「応答」をクリックすると、
Macのマイクとスピーカーで話せます

Yosemite_20150114_F

▲MacからiPhoneの電話回線で電話をかけることもできます。
たとえば「連絡先」アプリに登録されている相手の電話番号に
ポインタを合わせ、受話器のアイコンをクリックすると発信します

Yosemite_20150114_G

▲Macで通話している間、iPhoneにはこのように
表示されます。上部の緑色の部分をタップすると、
iPhoneで通話を引き継ぐことができます

 


▶iOS 8の連携機能(Apple社のサイト)


▶MacとiOSの連携(Apple社のサイト)


▶OS X Yosemite – アップグレード方法(Apple社のサイト)

動作対象機種などはAppleのサイトで確認してください。

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする