書類の形を自動認識、補正もできる「Genius Scan」

by  更新

【タイトル】紙の書類もデジタル化すればアルバムに入れられる!
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

子どもの卒業・卒園記念アルバムを作るような場面を想像してください。スマホやデジカメで撮った写真は、パソコンやスマホのアルバム制作アプリでそのまま使えます。でも、紙焼きの写真や絵はがき、絵や書道の作品、寄せ書きなど、紙の書類もアルバムに入れられたら、もっと楽しいと思いませんか?
紙の書類をデジタル化したい場面が今後もたくさんありそうなら、そのためのハードウェアを購入する方法があります。たとえば、iPhoneのカメラできれいに取り込める「SnapLite」などです。SnapLiteは、Happyデジタルのサイトでも昨年、インタビュー記事を掲載しています。

Yosemite06_A

▲SnapLiteの製品サイトです

 

アプリをダウンロードSnapLite

 
ほかに、プリンタとスキャナが一体になった複合機も、手ごろな価格で販売されていますね。
とは言え、わずか数回のためにハードウェアを買うのはちょっと……という方は、紙の書類を取り込むアプリを試してはいかがでしょうか。ここでは例として「Genius Scan」というアプリを紹介します。残念ながら日本語には対応していませんが、直感的に使えるアプリです。

Yosemite06_B

▲App Storeから「Genius Scan」をインストールして起動。
カメラのアイコンをタップします

 

Yosemite06_C

▲取り込みたいものを撮影します。
できるだけまっすぐ撮った方が良いのですが、
多少ゆがんでも大丈夫です

 

Yosemite06_D

▲多くの場合、書類の形が自動認識されて
オレンジ色の枠が付きます

 

Yosemite06_E

▲自動認識の形がずれている場合には、
オレンジ色の角をドラッグして書類の形に合わせます。
その後、「Use」(使用)をタップします

 

Yosemite06_F

▲長方形に補正されました。
共有のアイコンをタップします

 

Yosemite06_G

▲「Camera Roll」をタップすると、写真アプリに保存されます。
この画面から画像フォーマットを変えたり、
写真アプリ以外に保存や送信をしたりすることもできます

 

スキャナなどに比べると画質が劣る場合もありますが、手軽に記録を残せるのがいいですね。同様の使い方ができるアプリは、ほかにもあります。App Storeで「scan」や「scanner」などのキーワードを使って検索してみてください。
 

アプリをダウンロードGenius Scan

 
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 7.1以降
【料金】無料(App内課金あり。また機能が追加された有料版あり)
【言語】イタリア語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語
【販売元】The Grizzly Labs © 2014 The Grizzly Labs
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする