インタビュー☆2015年春のトレンド。女性に人気のカメラ&アルバム特集【第1回】

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】なお

ハッピーデジタルでは、これからの卒園・卒業、旅行シーズンを先取りして、「写真・アルバム特集」を組みました。そこで、2015年2月2日(月)ビックカメラ 有楽町店にお邪魔し、カメラコーナーの荒木さんに、最近女性に人気のカメラやアルバムの傾向について伺いました。

第1回の「カメラ特集」では、チルト液晶のデジタルカメラと新機能についてご紹介します。それではスタートです。

チルト液晶&モーションシャッター機能で自分撮りが更に進化する

 
Happyデジタル:
最近女性に人気のカメラについて教えてください。

荒木さん:
最近のデジカメは「可動式」「チルト式」といって、液晶画面が動くものが増えています。旅行先で写真を撮ってもらうように周りの人にお願いするというのは、なかなか勇気がいります。でもこのチルト液晶があればカンタンに自分撮りすることができます。

自分撮りをするときには、チルト液晶を180°オープンにしますが、カメラを縦にして構えた時にはフロント部分のシャッターを切ることができるようにもなっています。

Happyデジタル:
ひとり旅をする女性も増えていますし、気ままにお出かけした時、周りに人がいるとは限りません。そんなときにピッタリのカメラですね。

bigcamera01_A

CASIO EX-ZR50

荒木さん:
もうひとつ面白い機能をご紹介します。今までみんな撮りというとセルフタイマーを使う方が多くいらっしゃいましたが、チルト液晶でみんなの位置などを確認後、「モーションシャッター機能」を使うと、離れた位置から手を振るだけで、動きをデジカメが感知しタイマーが作動、自動でシャッターを切ることができます。

Happyデジタル:
これなら、セルフタイマーならではの中心がずれてしまったり、一人だけはみだしてしまったり、という心配がなくなりますね。

bigcamera01_B

ニコンCOOLPIX S6900

Bluetooth接続でリモート撮影☆みんな撮りをより楽しく!

 
荒木さん:
今度は、レンズとモニターを離して使うことができるデジタルカメラをご紹介します。例えば、バーベキューに仲間と出かけたとき、誰か一人が撮影役に回らなければいけないシーンってありますよね。そんな時、レンズ部をバンドなどで木に取り付け、モニター部を手元に置き、確認後シャッターを切ることで全体風景を撮影することができます。

また、サイクリングに出かけた時ヘルメットにカメラ部を取り付けてハンズフリーで撮影すると、臨場感のある写真や動画に仕上がります。このようにシーンに合わせて楽しむことができるカメラです。

bigcamera01_C

▲ハンズフリー撮影が可能

 
Happyデジタル:
離れていますが、どのような仕組みになっているのですか?

荒木さん:
カメラ部とコントローラー部がBluetooth接続されているので、離れていても撮影することができるようになっています。

また、コントローラーはコンパクトですが、画面タッチ操作ができるので、スマホ感覚で使うことができるのもオススメです。

bigcamera01_D

▲画面タッチでシャッターが切れる

 

bigcamera01_E

CASIO EX-FR10

Happyデジタル:
これは面白いです!カメラの固定観念がますます変わってきますね☆

荒木さん:
今のところはまだ数機種ですが、これからチルト式のデジタルカメラが増えてくると思います!

ありがとうございました。次回は、女性からの注目度が高く、最近見直されている「チェキ」をご紹介します。どうぞ、お楽しみに!
 
 

【Happyデジタル記者】なお
Happyデジタルの記事編集を担当。情報教育アドバイザー・メルマガ&ブログライターを経て、パソコン講師・Webライター&エディターとして活動中。映画、読書、旅行&デジモノが大好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする