コドモアプリ 第3弾:さわるーおもちゃ編

by  更新

【タイトル】画面の中ならイタズラし放題! デジタル時代の仕掛け絵本
【カテゴリ】シーズンイベント
【Happyデジタル記者】梅津ミスズ

3歳児の母でグラフィックデザイナーの梅津ミスズです。
私の息子は好奇心旺盛で、どちらかというとイタズラっ子タイプです。

お風呂では炭酸がシュワシュワする入浴剤を入れたがり、YouTuberの真似をして実況するのが日課です。シャワーで遊びたがり、どんどんお湯を使います。キッチンでは隠していたお菓子を見つけ、戸棚から持ち出し「ママのないよ〜!」とニヤッとしています。
そんな彼の好奇心を満たしてくれるアプリがありました! 「さわる ー おもちゃ編 : コドモアプリ 第3弾」です。

1アプリ100円で全12シリーズ。買いやすい価格設定

 
kodomoapuri_no3_A

▲可愛いタイトル画面を見て
面白い雰囲気を察知し、飛びつきました。

 
「のりもの ー くるま」「まなぶ ー かたち」「ころがす ー 玉あそび」など、コドモアプリシリーズは12種類あり、今回は一番気に入りそうな第3弾の「さわる ー おもちゃ編」にしてみました。100円なので、ひとつ買ってみて気に入ったら気軽に買い足すことができます。
(後日、お財布のひもが固い夫が「のりもの ー くるま」を買ってあげていました)

「タッチだけ」で合計40アクションを楽しめるカンタン操作

 
kodomoapuri_no3_B

▲3つのシーンから、最初は「キッチン」を選びました。

 
左側は「バスルーム」で、洗面器・鏡・シャワー・入浴剤などのイラストが描かれています。 中央は「子供部屋」で、積み木・ラッパ・鳩時計・ボールなど で遊べます。右側は「キッチン」で包丁・ガスコンロ・換気扇・お皿などに仕掛けがあります。

指先でタッチするだけなので、0歳でも早ければ4ヶ月ぐらいから遊べるかもしれません。もしうまくタッチできなくても、大人がタッチして「どんな風にうごくかな?」とコミュニケーションをとることができます。ちなみに推奨年齢 0〜4歳だそうですが、6歳ぐらいまで楽しめそうです。大人でも見ていて面白かったりします。

実際には触ってほしくないものも、アプリなら安心して触って学習できます

 
kodomoapuri_no3_C

▲オーブンをタッチ。中身は何かな…?

 
小さい子供を持つ親にとって、キッチンほど入ってほしくない場所はありませんよね。割れ物、刃物、熱いもの…とキケンがいっぱい! でもアプリなら、どんどん触って、音や使い方をどんどん試してもOKです。
換気扇を回し、オーブンを使って、戸棚をどんどん開けていきます。アニメーションや効果音に「ママ、これおもしろいよー!」と大興奮です。
この場所には何が入っているのか、この装置はどんな動きをするのかを、楽しみながら学ぶことができます。

アプリ内のおもちゃなら、お片づけの手間がナシ!

 
kodomoapuri_no3_D

▲マトリョーシカは、実際のおもちゃでも
お気に入りのアイテムです。

 
実際に、おもちゃをたくさん広げてちょこちょこ遊ばれると、お片づけをさせるのに一苦労ですよね。我が家ではミニカーの立体道路 ➝ 戦隊物の変身グッズ ➝ ブロック ➝ プラレールなど、どんどん興味が移るたびに「これを片づけてから、次のおもちゃで遊んでね」と遊ぶスペースの確保や躾に苦労しています。一方、「コドモアプリ」なら、画面内にたくさんあるおもちゃで、どんどん遊ぶことができます。スペースもとらず、ブロックを踏んづけてしまうこともありません。これはラク!

子供の好奇心を、とことん満足させることができます

 
kodomoapuri_no3_E

▲シャワー出しっ放し、お風呂のお湯全開でも
優しい気持ちで見守れます。

 
3つのシーンで一番気に入っている「お風呂」です。普段から実際のシャワーで遊びたがったり、個装タイプの入浴剤をどんどん入れたがったりで、水道代や入浴剤の値段が気になっていました。最終的には「これ以上はダメ!」と叱ることになります。
水の音は「泣き止ませアプリ」でよく見かけるので、子供が落ち着く効果があるようです。画面上でシャワーや水道水を勢い良く出して浴槽を溢れさせたところにアヒルを浮かべ楽しそうにタッチしていました。

このアイテムは、こんな動きをするかも? と想像力を養えます

 
kodomoapuri_no3_F

▲入浴剤でお湯がオレンジに!

 
「入浴剤もあればいいのにね。」と話していたら、見つかりました! 棚の上の入れ物が、3色の入浴剤でした。おもちゃやアイテムの形状・場所から「これはキュッキュと音がしそう」「くるくる回りそう」と予想を立てることができます。その通りになったり、ならなかったりすることで、想像力も身につきます。アプリの説明に「発見と実験と検証が楽しめる」とある通り、遊びながら学ぶことができました。

ついついタッチして、画面が切り替り困ってしまう広告バナーがないことや、アプリ内課金がないことも、子供向けアプリとしてはありがたいです。ほかのシリーズも試してみたくなる、優良アプリでした!

アプリをダウンロード

 
 
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch ※iOS6.1以降
【料金】有料 ¥100
【言語】日本語、英語
【販売元】KENICHIRO ASAI © Asai
 
 

【Happyデジタル記者】梅津ミスズ
美大のデザイン科出身。集客・営業ツールのデザインが得意。制作会社・広告代理店・印刷会社を経て、活動の場は、チャレンジショップ運営、講師業と広がっています。システムエンジニアの夫とのデートは、もっぱら家電量販店とマンガ喫茶。好奇心旺盛な息子とゆくゆくは一緒にアプリを開発できたらといいなあと妄想中♪

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする