Snapseedの使い方 【基本編】

by  更新

新バージョンSnapseed2.0の基本的な使い方を紹介します!

Googleが提供している画像編集アプリ「Snapseed」のバージョンがアップデートされ、2.0となりました(2015年4月9日)。メニュー画面も新しくなり、これまでメニューが日本語で表示されていなかったためイメージがつかめず、使い方がイマイチわからなかったというビギナー&女性ユーザーに朗報です。

snapseed_photo_c

▲バージョン2.0のメニュー画面

では、新バージョン2.0の基本的な使い方をご紹介しましょう!

snapseed_photo_d

▲起動後の画面

1.Snapseedを起動後、「写真を開く」→「端末から開く」の順にタップ、カメラロールの中から編集したい画像を選びます。

snapseed_photo_f

▲「端末から開く」をタップ

2.画像を開いたら、画面右下の「+」のアイコンをタップし、「ツール」や「フィルター」を使って編集していきます。

snapseed_photo_g

▲画面右下の「+」のアイコンをタップ

3.ツールでは、「微調整」「切り抜き」「回転」などに加え、高度な編集ができる「ブラシ」や不要な汚れなどを消すことができる「スポット修正」という機能もあります。

snapseed_photo_h

▲「ツール」のメニュー 一覧

 

snapseed_photo_i

▲「回転」と「切り抜き」を適用しました

4.フィルターでは、現在の画像にスタイルを加えることができます。

snapseed_photo_j

▲「フィルター」のメニュー 一覧

5.「レンズぼかし」を使ってみましょう。画面下の「◎」をタップすると、直線フォーカスに切り替わります。

snapseed_photo_k

▲楕円フォーカス

 

snapseed_photo_l

▲直線フォーカス

 

6.お好みのフォーカスを選んだあとは、2本の指を使ってピンチ操作をしながら位置・サイズ・形状を変えていきます。次に、画面を左右にスワイプして、ぼかしの強さを調整しましょう。画面右下の「レ」をタップすると確定します。

snapseed_photo_m

▲ぼかしの強さを「30」から「54」に変更しました

7.フレームをつけて仕上げましょう。「フレーム」→画面下右から2番目のアイコンの順にタップします。画面下にフレームのサムネイルが表示されるので、左右にスワイプして23種類の中からイメージしているフレームを選びます。

snapseed_photo_n

▲画面下右から2番目のボタンをタップ

 

snapseed_photo_o

▲フレームのサムネイルを左右にスワイプします

 

snapseed_photo_p

▲バリエーション豊富なフレームを楽しんでください

8.フレームを選択後、画面を縦にスワイプすると、フレームの幅を変更することができます。

snapseed_photo_q

▲フレーム幅を「-10」から「43」に変更しました

※画面右上のアイコンをタップすると、効果を加える前の画像が表示され、比較することができます。

9.保存の方法です。画面上の「保存」をタップし、表示されたメニューの中から保存方法を選択します。「保存」をタップすると、カメラロールの元画像が上書きされるので、元画像を他に利用する予定がある場合は「コピーを保存」をおススメします。

snapseed_photo_r

▲保存方法を選択します

また、TwitterやFacebookに共有する場合は、画面上一番右のアイコン→「共有…」の順にタップし、希望するSNSに投稿しましょう。

photo_s

▲「共有…」をタップ

今回は記者がよく使う機能をピックアップしてご紹介しました。

Snapseedは多機能&高性能の画像編集アプリです。ここでご紹介できなかった「ツールとフィルタの詳細」については、Snapseedヘルプをご覧ください。

次回の【応用編】では、最初から操作をやり直すことなく、適用した効果などを再編集できる便利な機能「スタック」について分かりやすく説明します。どうぞお楽しみに!

アプリをダウンロードiOS版

アプリをダウンロードAndroid版

対応機種】iPhone/iPad/iPod touch ※iOS8.0以降/Android4.1以上
【料金】無料
【言語】日本語/アラビア語/イタリア語/インドネシア語/オランダ語/スウェーデン語/スペイン語/タイ語/チェコ語/トルコ語/ドイツ語/フランス語/ヘブライ/ポルトガル語/ポーランド/ロシア語/中文/英語/韓国語
【制作】Google, Inc. © 2012 Google Inc.

【Happyデジタル記者】なお
Happyデジタルの記事編集を担当。情報教育アドバイザー・メルマガ&ブログライターを経て、パソコン講師・Webライター&エディターとして活動中。映画、読書、旅行&デジモノが大好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする