ニュース☆2015年4月17日イオングループ運営のApple製品専門店「NEWCOM」オープン!(前編)

by  更新

【タイトル】イオンモール内のApple専門店。女性にうれしい魅力とは?
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】小山香織

イオンレイクタウンkaze(埼玉県越谷市)の2階に、2015年4月17日にイオングループが運営するApple製品の専門店「NEWCOM」がオープンしました。
NEWCOMは、Apple製品取扱店のうち、「Apple Premium Reseller」というジャンルのお店です。これは、高い製品知識を持った専任スタッフ、修理サービス、レッスンなどを備えた、まさにプレミアムなお店。取材時点では、Apple Watch以外のApple製品をすべて揃えています。NEWCOMの1号店がここ、レイクタウンkaze店です。4月25日には2号店として沖縄ライカム店がオープンしました。

aketown_newcom01_PhotoA

▲JR武蔵野線の越谷レイクタウン駅から店内に入ると、
ほどなくしてNEWCOMがあります

開放感があり、入りやすいお店です。
 
aketown_newcom01_PhotoB

▲イオンリテール株式会社住居余暇商品企画本部
デジタル事業部営業部部長 米田晃氏

 
Happyデジタル:イオングループでApple製品の販売店を始めた経緯を教えてください。

米田さん:Appleには素晴らしいブランドイメージがありますから、イオンモール全体の魅力が増し、より多くのお客さまにお越しいただけると考えています。またお客様にとっては、イオンモールにお買い物に来たときにApple製品のお店もあるという利便性や楽しさがあります。

Happyデジタル:大型ショッピングモールですから、女性や家族連れのお客様は多いでしょうね。

米田さん:そうですね。特にiPhoneをお使いの女性ユーザーが、Apple製品に興味を持って来店してくださいます。iPhoneだけでなくさまざまな製品を使うことで、いろいろなことができて楽しいということを伝えられるお店にしたいのです。ですから店頭では、実際に製品を触って体験できる「タッチ&トライ」を重視しています。

aketown_newcom01_PhotoC

▲iPhone、iPad、Macはすべて使用できる状態で並べられています

新しいMacBookは特に注目度が高く、触れたお客様は薄さや軽さに驚くそうです。

Happyデジタル:このようなお店が身近なショッピングモールにあると、特に女性にはうれしいですね。

米田さん:全国には約150のイオンモールがあります。今後もあちこちにNEWCOMを増やしていきたいと考えています。イオンならではのサービスもありますし。

Happyデジタル:どのようなことですか?

米田さん:たとえば、イオングループの「分割払い手数料ゼロ」セール期間中なら、分割払い手数料がかかりません。また、イオンカードでお支払いいただくとポイントが貯まり、プレゼントやWAONポイントと交換できます。安いお買い物ではありませんから、こうしたサービスを有効にご活用いただけると思います。これまでにお使いのコンピュータの下取りも実施しているので、購入価格のハードルも下がりますね。

来週は、充実した店内の様子をじっくりご紹介します。お楽しみに。
 
イオンレイクタウン

NEWCOM
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする