ニュース☆2015年4月17日イオングループ運営のApple製品専門店「NEWCOM」オープン!(後編)

by  更新

【タイトル】イオンレイクタウンのNEWCOM、店内をじっくりご紹介!
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】小山香織

イオンレイクタウンkaze(埼玉県越谷市)に4月17日にオープンしたApple製品の専門店「NEWCOM」。先週の記事に引き続き、今週は店内の様子を詳しくご紹介していきます。

Happyデジタル:新規開店にあたって、スタッフの方々はどのようにしてこのお店に配属されたのですか?

米田さん:新規採用と社内公募です。社内公募には、Apple製品が大好きという人たちが応じてくれました。現在のスタッフは15人で、そのうち4人が女性です。女性スタッフはもちろんのこと、全員が親しみやすい応対のできるスタッフなので、気軽にご来店ください。もちろん、専門知識も備えています。採用後、Apple社の所定のトレーニングと認定試験を経て、このお店に立っていますから。みんな頑張って勉強しましたよ。

Happyデジタル:ここがサービス用のカウンターですね。

米田さん:修理の相談に来られるお客様も、たくさんいらっしゃいます。修理にも女性のスタッフがいますから、安心してご相談ください。その日のうちに修理できる場合もあるので、レイクタウンでほかのお買い物をしながら修理完了をお待ちいただけます。

laketown_newcom02_PhotoA

▲修理受付や携帯回線の契約をするカウンター

 
米田さん:NEWCOMは、お客様に実際にApple製品を体験いただいたり、製品選びや操作など購入前後の相談に乗ったりすることに力を入れています。また、もちろん技術サポートもしています。レッスンやワークショップも開催しますし、初期設定のお手伝いやコンピュータのデータ移行サービスなども提供しています。

laketown_newcom02_PhotoB

▲このスペースでワークショップなどが開催されます

 
サービス、サポートの価格はNEWCOMのWebサイトに掲載されています

Happyデジタル:特に力を入れているアクセサリなどはありますか?

米田さん:ヘッドフォンですね。かつてオーディオ機器にこだわりのあった中高年の方も、音楽好きな若い方も、良い音のヘッドフォンを求める傾向があります。

laketown_newcom02_PhotoC

▲いくつかの棚に、高級なものから防水までさまざまなヘッドフォンが充実!
いろいろ試聴できます

 
laketown_newcom02_PhotoD

▲米田さんが「予想以上に売れています」というApple TV。
このように展示されているとイメージをつかみやすいですね

 
laketown_newcom02_PhotoE

▲各種アクセサリも、ここへ来れば揃います

 
Happyデジタル:私は、このお店に入ってまず、カラフルなiPhoneケースの棚にひかれました。

米田さん:イオンモールという立地なので、女性やお子様をターゲットとした商品も揃えています。

laketown_newcom02_PhotoAF

▲女性客を意識して、オシャレなiPhoneケースがたくさん

 
laketown_newcom02_PhotoG

▲ファミリー層の多い場所柄、
お子さんも楽しめそうなデジタルガジェットも

 
NEWCOMレイクタウンkaze店は、入りやすくて便利で楽しそう。今後、近所にもオープンするといいな、という期待がふくらむショップでした。
 
イオンレイクタウン

NEWCOM
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする