ニュース☆富士フイルムのデジタルフォトアルバム「Wonder Photo Box」

by  更新

【タイトル】ママ大助かりの魔法がいっぱい!
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】やつづか えり
 

2015年5月21日に富士フイルムのデジタルフォトアルバム新製品発表会が行われ、6月5日発売予定の「Wonder Photo Box」がお披露目されました。紹介された製品の内容と、スペシャルゲストとして登場した木下優樹菜さんのトークの模様をお伝えします。

wonderphotobox_photoA

▲「Wonder Photo Box」を持つ木下優樹菜さん

子育て中のママの悩みを解決したい!

 
スマートフォンの普及により写真を撮る機会が増え、大量の写真が迷子になってしまっている、そんな悩みを持つ人が増えています。「Wonder Photo Box」は、大量の写真の整理を簡単にすることで、もっと写真を楽しんでもらおうというコンセプトのもと開発されたそう。富士フイルム イメージング事業部長 山本正人氏は、「新しいスマホ時代のフォトライフを創造していきたい」と語りました。

wonderphotobox_photoB

▲富士フイルム株式会社 イメージング事業部長 山本正人氏

 
特に子育て中のお母さんが悩んでいると分かり、その悩みを解決するために製品を開発したという、イメージング事業部マネージャー 藤本真一氏からは、使い方や機能の詳しい紹介がありました。

wonderphotobox_photoC

▲富士フイルム株式会社 イメージング事業部マネージャー 藤本真一氏

 
製品の本体は、お弁当箱よりも小さいくらいコンパクト。これにスマートフォンをつなぐだけ、あるいはデジカメのSDカードを差し込むだけで、そこに入っている写真や動画が自動的に取り込まれます。取り込まれた内容は、テレビの大画面で見ることができます。

wonderphotobox_photoD

▲本体はとても小さな箱型の機械。
リモコンとマウスがセットで発売予定です。

 
wonderphotobox_photoE

▲本体左側のフタを開けると、USBとSDカートの差込口が。

 
アプリをダウンロードすることで、タブレットやスマートフォンでも利用することができます。

「Wonder Photo Box」 4つの魔法とは…

 
ママのスマホからもパパもデジカメからも…、といった形で、家族みんなのデータをひとつの場所に保存できるのは大助かりですね。でも、それだけではありません。「魔法の写真箱」というキャッチフレーズで、さらに便利な4つの機能が紹介されました。

「魔法」のひとつ目は、明るさやブレの有無、顔の表情などから、自動でベストショットを選別してくれる機能。大量の写真の中から、良く撮れたものを簡単に選び出せます。

ふたつ目は、撮影日、場所、映っている内容による自動整理機能。古い写真も、カレンダーや地図から簡単に探せます。また、映っている内容を自動的に判別してフォルダにまとめてくれるので、例えば海の写真だけをまとめて観るといった楽しみ方もできます。

3つ目は、人物の顔を判定して、人物別のフォルダに振り分けてくれる機能。これで、子供の成長の様子を振り返るのも簡単になります。

4つ目は、フォトブックの作成機能。選択した写真を、自動でフォトブックの形にレイアウトしてくれます。

wonderphotobox_photoF

▲気に入った写真や作成したフォトブックは、
「Wonder Photo Box」から直接印刷の注文ができるのも便利です。

 

パソコンが苦手な女性でも操作がカンタン!

 
wonderphotobox_photoG

▲スペシャルゲストとして登場した木下優樹菜さん。

 
ブログやインスタグラムが人気で毎日何十枚も写真を撮る木下優樹菜さん。パソコンは苦手で撮った写真はスマートフォンにたまる一方だったそうですが、「Wonder Photo Box」を使ってみて、その便利さに驚いたようです。
特に、操作が易しく、写真の整理が全部おまかせでできるのが助かったそう。また、テレビの画面でみんなで写真を見られるのも良かったといいます。11月にはふたり目のお子さんが誕生予定でますます写真が増えそうなので、「ぜひこれを活用して、フォトブックも作って思い出を残していきたい」と語りました。

wonderphotobox_photoH

▲木下優樹菜さんが作成したアルバム。

 
 

【Happyデジタル記者】やつづか えり
11年間の会社員生活を経て2010年に独立。企業に対する教育系Webサービスやアプリの企画・開発支援を行いながら、組織人の新しい働き方、暮らし方を紹介するウェブマガジン『My Desk and Team』を運営中。2013年に第一子を出産し、フリーランスワーキングマザーとして奮闘中です。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

記事をシェアする