ハンドメイドマーケットアプリ「minne」(ミンネ)

by  更新

【タイトル】オリジナルの雑貨をカンタンに販売スタート。スマホだけで30分程度でできました!
【カテゴリ】シーズンイベント
【Happyデジタル記者】梅津ミスズ

3歳児の母でグラフィックデザイナーの梅津ミスズです。
販売のプロでなくても、ハンドメイドマーケットへの出展やカフェでの委託販売など、一般の方が手作りの雑貨を販売する機会が増えています。

私も期間限定の雑貨店を開いていましたが、子供が小さいとお店に行くだけで一苦労。売れても売れなくても店舗にかかる費用や交通費がかかります。そこで、気軽にアプリで販売できる「minne(ミンネ)」を試してみました。作品が売れた場合には、作品代金の10%(税抜)が販売手数料として引かれる仕組みで、出展料や出品料は不要です。

■まずは左メニューから「作家になる」をタップ

「作品を販売するには作家登録が必要です。作家登録しますか?」というメッセージが出るので、「はい」を選びます。
以下の基本情報を入力します。
・氏名
・生年月日
・性別
・住所
・電話番号
・メールアドレス

minne_photoA

▲「おめでとうございます!」と言われると嬉しいですね。

 
次に口座情報の登録です。このステップは後回しにもできますが、せっかくなので最初に設定しておきましょう。

■いよいよ作品登録です!作品の画像を用意しておきましょう

左メニューに「作品登録」が表示されます。

minne_photoB

▲タップすると、登録・編集画面に切り替わります。

 
minne_photoC

▲作品写真を5点アップロードすることができます。

 
作品名と作品説明を入力、カテゴリーを選択します。作品は「こんぺいとう」のイラストのポストカードなので、大カテゴリーを「文房具・ステーショナリー」に。小カテゴリーを「カード・レター」にしています。

■販売設定と配送設定をしましょう!

大切な値段設定です。
・販売価格
・在庫数
・在庫単位
・サイズ
・発送までの目安
・購入時の注意点
を入力します。

minne_photoD

▲次に、配送設定画面です。

 
今回は定型郵便で送る設定にしました。送料は82円で、配送エリアは全国一律にしました。宅急便を選択した場合は、送料に合わせてエリアを指定する必要があります。

ここまで30分程度で完了しました。あとは作品一覧に表示されるのを待つだけです。

■いよいよオープン!

作品登録をして、サービス会社からのチェックが済むと作品が表示されるようになります。表示されるまでの時間は決まってはいないそうですが、月曜日の夜に作品登録したところ、翌日の午後には購入できる状態になっていました。

minne_photoE

▲「こんぺいとう」で検索すると、
ほかの「こんぺいとう」作品の中に表示されているのが確認できました。

 
ちなみに自分の作品画面で「買い物カゴに入れる」をタップしても「自分自身の作品は購入できません」と表示されます。

■商品ページを確認して完了!

minne_photoF

▲画像、作品名、価格をお客さん視点でチェック

 
もし写真写りがイマイチなどの場合、編集画面で差し替えることができます。商品説明など、どんな表現がお客さまに響くかを試行錯誤してみようと思います。

アプリをダウンロードiOS版

アプリをダウンロードAndroid版

 
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch ※iOS 7.0 以降。Android 4.0 以上
【料金】無料
【言語】日本語、英語
【販売元】 GMO Pepabo, Inc.© 2003-2014 GMO Pepabo, Inc. All rights reserved.
 
 

【Happyデジタル記者】梅津ミスズ
美大のデザイン科出身。集客・営業ツールのデザインが得意。制作会社・広告代理店・印刷会社を経て、活動の場は、チャレンジショップ運営、講師業と広がっています。システムエンジニアの夫とのデートは、もっぱら家電量販店とマンガ喫茶。好奇心旺盛な息子とゆくゆくは一緒にアプリを開発できたらといいなあと妄想中♪

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする