夏の親子のおでかけ先リサーチにぴったり! ガイドおすすめのコースがもりだくさん!「デカケル.jp」

by  更新

【タイトル】平日、休日、連休や夏休み・冬休みなど、こどもと一緒のお出かけスポットを網羅した、コースガイドのサイトです。
【カテゴリ】シーズンイベント
【Happyデジタル記者】梅津ミスズ

3歳児の母でグラフィックデザイナーの梅津ミスズです。
いよいよ夏休みですね! ヒーローショーや水遊び、ちょっと遠出の予定などを立てています。
こどもとのお出かけで悩むことといえば、
●本当にこどもが楽しめる場所? せっかくなので普段できない体験をしてほしい
●子連れで落ち着いて食事ができるお店がある? お店や周りのお客さんに迷惑がかからないかどうか
●交通経路が不安。こどもが歩ける距離か、ベビーカーで行ける場所かどうか知りたい
などが挙げられます。

事前に下見というのも難しいですよね。
そこで私が参考にしている&ガイドとして参加している「デカケル.jp」さんの「親子でおでかけ」コーナーをご紹介します!

こどもの興味やお住まいのエリアに合わせて選べる、
300近くの親子向け厳選おすすめコースが充実!

デカケル.jpで紹介されているコースには「はしご酒」「親子でおでかけ」「デート」の3種類があり、コース総数は2015年7月現在で800以上です。その中で「親子でおでかけ」は300近くのコースが集まっています。

例えばこどもと一緒に「横浜」に行くので、おすすめコースを知りたいとします。サイト内検索で「横浜」と入力。すると30件以上のコースが見つかりました。

dekakeru_photoA

コースのタイトル一覧が表示されます。

 
こどもの国、中華街、アンパンマンミュージアム、こどもログハウスなど、どれも気になります。

「東京」で検索すると87件、「カフェ」で41件、「ランチ」で106件ものコースが表示されました。
毎月どんどん増えていくので、意外と子連れOKなお店が多いんだなと感じます。

ガイドが実際に行ってきた場所だから、ハズさない&子連れに優しい。

お出かけ先に、こども用の設備やサービスがあるかどうかも気になるところです。こども用トイレ、こども用食器などがあることが事前にわかれば嬉しいですよね。

こちらの仙台のデカケルコース記事をチェックしてみましょう。

dekakeru_photoB

▲「作並温泉とニッカ宮城峡蒸溜所見学で
仙台を満喫できる、家族旅行観光コース

 
・「ニッカ宮城峡蒸溜所」にはベビーカーや車いすのレンタルがある
・工場見学の待合室には、100円が返却されるコインロッカー、ベビーキープ付きの多目的トイレあり
・試飲にはオレンジジュースが出る。
・「鷹泉閣 岩松旅館」のエントランスはこども歓迎の雰囲気
・こども用のアメニティ、ゆかたがある
・こどもが好きなメニューがある
…ということがわかります。
細かいところは公式のサイトでわからないことが意外と多いので、こどもがいるガイドさんの視点でチェックができて助かります。

スタート地点は必ず駅から。車を持っていなくてもお出かけしやすい場所ばかり。


こどもとのおでかけの本をよくチェックするのですが、車でないと行けない場所がありため息をつくことがあります。
「○○インターチェンジより車で20分」「△△駅から徒歩40分」などの場所だと、車を持っていない我が家としては厳しいです…。

その点、デカケル.jpは駅からのスタートが基本なので安心です。

「【横浜】本郷台のあーすぷらざでおトクに1日遊んじゃおう! 雨の日におすすめ!」を見てみましょう。コースの最下部にあるボタン「このコースのマップを見る」を押してみましょう。

dekakeru_photoC

▲駅にある周辺地図の周辺地図を拡大すると、
すぐ下の紫の円形の施設が目的の場所
だということがわかります。

・駅からわずか徒歩2分
・改札はひとつなのでわかりやすい
・雨の日にもおすすめ
・改札から目的の場所がすぐ見える
・レストランやこどもが体を動かしたり学習できるコーナーがある
ということがわかります。

梅雨の時期だけでなく、夏や冬で外遊びが辛いけれどめいっぱい遊びたい、遊ばせたい時によさそうなコースであることがわかります。

小さなこども連れで悩むのはランチの場所。ガイドのお墨付きなら安心です。


こども連れの時のランチは、なるべく親子カフェやファミリーレストランを利用します。でも、たまにはおしゃれなカフェに入りたいですよね。店内がこどもOKそうな雰囲気かを外から見て、入ることが多いです。

そこで役立ちそうなのがこの記事です。
【横浜エリア】室内遊びに最適!はじめての「こどもログハウス」でアスレチック体験!

dekakeru_photoD

写真を拡大することもできます。

 
こちらの記事内の
・自転車がたくさんとめてあって「きっと美味しいに違いない!」と思い、こちらのお店に決めました。
お店の方が「どうぞ〜」と扉を開けてくださいました。
店内には同じぐらいの年齢のお子さんのお客さんもいらっしゃって、一安心。
というコメントが、お店選びの参考になります。

コースの全行程が一目でわかる。迷わなくて嬉しい「コースマップ」機能。


こどもとのおでかけの本をよくチェックするのですが、車でないと行けない場所がありため息をつくことがあります。
「○○インターチェンジより車で20分」「△△駅から徒歩40分」などの場所だと、車を持っていない我が家としては厳しいです…。

その点、デカケル.jpは駅からのスタートが基本なので安心です。

「小田原城の動物園と遊園地を遊び尽くす親子におすすめの小田原観光コース」を例にしてみます。コースの最下部にあるボタン「このコースのマップを見る」を押してみましょう。


dekakeru_photoE

小田原駅と小田原城、その周辺のコースの道のりが表示されます。

 
1.小田原駅➝2.小田原城歴史見聞館➝3.小田原城天守閣➝4.小田原城址公園➝5.藤棚交差点➝6.小田原市立三の丸小学校➝7.神奈川県小田原市栄町1-14-48(Cafe Leaf カフェリーフ)➝8.鈴廣➝9.小田原駅

このコースでは9つのチェックポイントが表示され、初めて行く場所でもお出かけ前に土地勘をつかむことができます。
コースは3つ以上のスポットから構成されています。コース順にまわるのもいいですし、自分でアレンジするのもよさそうです。

こどもとのおでかけで強くなる親子の絆。いろんなことに挑戦する子になる!?



うちの子は良くいえば慎重な性格で、ちょっと怖がりな面があります。こちらのローラー滑り台、もしかしたら嫌がるかな〜と思っていたのですが…。


dekakeru_photoF

横浜こどもの国を徹底解説! 親子で100%楽しめるおでかけコース

 
横浜で一番長く110mあるのですが、徐々に慣れていき最後には一人で滑ることができるようになりました。

・大人も一緒に楽しめる
・スピードはそんなに出ない
・高さがあって景色がいい
・連続で3回滑った
・モザイク柄のローラーの絵がかわいい
ということが記事からわかります。

親子でおでかけを通じて「新しいことにチャレンジ」「こどもの興味があるものを知ることができる」「一緒に行動することで信頼関係が強くなる」ことを感じます。

体力もついて精神的にもリフレッシュできるためか、保育園に通いながらも風邪などはほとんどひきません。

この「こどもの国」は私自身がこどもの頃に両親に連れてきてもらい、のびのびと遊んだ覚えがあります。自分のこどもも楽しめたようで、またいい思い出が増えました。

こんなに魅力的なコースがいっぱいで、便利な機能がついている「デカケル.jp」いかがでしたでしょうか?

スマートフォンからも見ることができるので、気がついた時にささっとチェックできるのも忙しいママさんには有り難いです。
 
 
dekakeru_icon

■デカケル.jp

【対応機種】PC、スマートフォン、タブレット
【料金】無料
【言語】日本語
【提供元】デカケル.JP
 
 

【Happyデジタル記者】梅津ミスズ
美大のデザイン科出身。集客・営業ツールのデザインが得意。制作会社・広告代理店・印刷会社を経て、活動の場は、チャレンジショップ運営、講師業と広がっています。システムエンジニアの夫とのデートは、もっぱら家電量販店とマンガ喫茶。好奇心旺盛な息子とゆくゆくは一緒にアプリを開発できたらといいなあと妄想中♪

この記事を書いた人

梅津ミスズ
梅津ミスズMisuzu Umedu
美術大学のグラフィックデザイン科を卒業後、制作会社、広告代理店、印刷会社を経て、結婚を機に個人事業をスタート。
主にチラシやリーフレットなど、紙媒体の集客・営業ツールのデザインを得意としています。
女性向けのコラムの執筆、学生向けのデザイン講座、ママさん向けの就業・開業・事業支援なども行っています。

システムエンジニアの夫と、スマホやタブレット、ゲーム機を使いこなす息子と3人暮らしです。

関連タグ

記事をシェアする