小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法「Keynote」第3回

by  更新

【タイトル】プレゼンの作成も再生もiPadだけでできる!(3)
【カテゴリ】学習・知識シーズンイベント
【Happyデジタル記者】小山香織

 
先々週先週の本連載で、iPadのKeynoteを使ってプレゼンテーションを作成しました。今週は、会議などの場で実際にプレゼンを見せる方法を紹介します。
少人数の打ち合わせや商談なら、iPadの画面をそのまま見せる方法がありますね。特にRetinaディスプレイのiPadなら、画面が美しく視野角も広いので、そのような使い方に適しています。

keynote03_photoA

▲右上の再生のアイコン(横向き三角形)をタップします

keynote03_photoB

▲画面をタップすると次々に進んでいきます。
前のスライドに戻りたい場合は、画面を右方向にスワイプします

プロジェクタなどを使用する場合は、機器に応じたアダプタが必要です。

keynote03_photoC

▲Lightning – VGAアダプタなど、iPad側とプロジェクタ側に応じた
アダプタやケーブルを用意します(図は「Apple Store」アプリで
アダプタを表示したところです)

テレビなどに映す際は、Apple TVも使用できます。Apple TVとテレビをケーブルで接続します。iPadとApple TVを同じWi-Fiに接続して使います。

keynote03_photoD

▲iPadの画面のいちばん下から上ヘスワイプして
コントロールセンターを表示します。「AirPlay」をタップし、
Apple TVの名前をタップして選択します

ところで、iPhoneなどほかのiOSデバイスにもKeynoteをインストールすると、iPadで再生する際のリモコンとして利用できます。

keynote03_photoE

▲iPhoneでKeynoteを起動し、左上のリモコンのアイコンをタップします

keynote03_photoF

▲「続ける」をタップします

keynote03_photoG

▲iPadのKeynoteでは、右上のスパナのアイコンをタップし、
「プレゼンテーションツール」をタップします

keynote03_photoH

▲「リモコンを許可」をタップします

keynote03_photoI

▲「Remoteを有効にする」のスイッチをタップしてオンにします。
iPhoneの名前が見えたら「リンク」をタップします

keynote03_photoJ

▲iPadとiPhoneの両方に同じパスコードが表示されていることを
確認した上で「確認」をタップします

keynote03_photoK

▲これで、手元のiPhoneを操作しながら、
iPadのプレゼンを再生できます
(図はリモコン側であるiPhoneの画面です)

 
 

keynote_icon

■Keynote
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch ※iOS 8.0 以降
【料金】1,200円(ただしiOSデバイスを新たに購入すると無料でダウンロードできます)
【言語】日本語、英語など
【販売元】 iTunes K.K. | 2010 – 2015 Apple Inc.
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『docomo iPhone 6/6Plus マスターブック』『iPad Airマスターブック2015』(いずれも共著)、『OS X Yosemiteマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする