イベントレポート☆「シンプルでよく効く資料作成の原則 ~コンテンツとデザインからプレゼンを変える」発刊記念セミナー開催

by  更新

【タイトル】2015年10月8日(木)「シンプルでよく効く資料作成の原則 ~コンテンツとデザインからプレゼンを変える」発刊記念セミナーを開催しました
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】なお
 

2015年10月8日、マイナビルーム(竹橋)にて、9月に発刊された「シンプルでよく効く資料作成の原則 ~コンテンツとデザインからプレゼンを変える」を記念し、同書翻訳者の小山香織さんをお招きしてセミナーを開催、50名もの方々にご参加いただきました。

まずは今回のイベントを主催した株式会社マイナビ出版の伊佐知子さんと共催の株式会社ハッピーコム代表戸田江里子よりご挨拶。

20151015_seminar_photoA

▲(写真左)株式会社ハッピーコム 代表 戸田江里子
(写真右)株式会社マイナビ出版 伊佐知子氏

 
今回小山さんが翻訳されたロビン・ウィリアムズ著「シンプルでよく効く資料作成の原則 ~コンテンツとデザインからプレゼンを変える」は、同著者のロングセラー「ノンデザイナーズ・デザインブック」の姉妹本です。

見た目の美しさだけでなく全体の構造や設計が重要!

小山さんは、ライター、翻訳者でもあり、著書・訳書などを多数出版され現在活躍中でいらっしゃいますが、プレゼンする機会も多く、現場で起きやすいトラブルとその対処法など、体験談を交えお話くださいました。

また“プレゼンのスライドをどうデザインするか”では、プレゼンのペース配分やスライドの背景、部屋の照明など各パターンを参加者の皆さんにその場で体感していただき、“コントラストをしっかりつくる”“反復(同じ要素を繰り返す)”“関係のある情報は近づける”など注意すべきことについてもお話しいただきました。

そして本書にも書かれている“あなたの目に耳を傾ける”について、「色んなものに問題意識を持って見ることが大切。伝わりやすさ、見た目の美しさは表裏一体で分けられないものである…これがすなわちデザインの域ではないか」と語りました。

20151015_seminar_photoB

▲ライター、翻訳者、トレーナー 小山香織氏

後半はグループに分かれ、ワークショップを行いました。“注意深く観察する練習”をするために、出題されたスライドを見て、整列・コントラスト・近接・反復という観点からグループで意見をまとめ、発表。最後に、「このようなグループディスカッションをし発言することこそが、スライド作りを上達するコツではないか」と話し小山さんのスピーチが終了しました。

20151015_seminar_photoC

▲ワークショップの様子

 
※小山さんは、Happyデジタルに週に1回コラムを連載中です。「小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法」もぜひご覧ください。

ライトニングトーク

ワークショップの後はプレゼンテクニックトークがスタート。

TIMING Design 代表 北村崇氏 「プレゼンの説得力を高めるデザインの心理学」

グラフィックデザインからWeb制作、セミナーや本も出版されているという多彩な北村さんは、「クライアントからの無茶な注文にも理論づけて説明できるように、デザインの理由や心理学を学んだことで説得力も高まった」といいます。また、Web系、IT系のお仕事あるあるから、男性・女性が好みやすい数字、視線を集めるデザイン、人が気にするパターン、そして黄金比まで実話を交えながら楽しくお話しくださり会場を沸かせました。

北村さんは、7月に「ゼロからはじめるデザイン」を出版、11月にはアドビ システムズ株式会社主催の「Adobe Live -Best of MAX-」にスピーカーとして登壇されるそうです。

20151015_seminar_photoD

▲TIMING Design 代表 北村崇氏

Uber Japan株式会社 Community manager北尾恵子氏 「外資系企業広報のプレゼン術」

オープニングからアップテンポの音楽とともにUber(ウーバー)のイメージビデオが流れだし参加者を驚かせました。Uberはスマホのアプリでタクシーやハイヤーを呼べる配車サービスだけでなく、企業とコラボしてイベントも開催、10月上旬には「UberRECYCLE」を開催し、回収した古着を東北の復興支援団体へ寄付をしました。

サービスを紹介する機会が多いという北尾さん。“文字を省いてビジュアル重視”“目を見て表情を察知しながら会場の方とのコミュニケーション”“自信をもって話す”などご自身がプレゼンをする上で大切にしていること具体的にお話しいただきました。また、参加者には3,000円分のUber無料お試しコードが配られ、ぜひアクションを起こして(Uberを利用して)欲しいとのことでした。

20151015_seminar_photoE

▲Uber Japan株式会社Community manager 北尾恵子氏

株式会社ノヴィータ 代表取締役 三好怜子氏 「対話力で高めるプレゼンスキル」

“自分の指名で仕事がくるようになりたい!” 三好さんが大学時代にたくさんの経営者たちにインタビューして感じたことが原動力となり、就職四季報でコラムを書くことにつながったり、自分の身一つで戦っている経営者たちに魅力を感じてその後の道を決めたり、自分の中でどうなりたいかを明確にしてきたと話します。「当時は面白そうな学生がいると経営者たちが耳を傾けてくれた。その期待に応えたいと必死に対応していたことが、プレゼンにも活きる対話力を身につけることにつながった」対話力向上のために今夜から取り組めることとして、多くの人とたくさん話をし、学びを得ることを促していました。

大学卒業後にインターン先で1年働いた後、株式会社ノヴィータの創業に参画。2015年に代表取締役社長に就任、マーケティングツールとしてWeb・バナー・ランディングページなどを制作する傍ら、現在は自社事業にも力を入れています。Webディレクター向けメディア「東京WEBディレクターズガイド」や、ワーママ&ワーパパ向けメディア「LAXIC(ラシク)」をスタートし、新たな目標に向かってチームで進んでいるそう。三好さんご自身も現在妊娠中でいらっしゃり、「当事者になったことで、自分の立場で女性の雇用の促進についてメディアを通し発信していきたい」と語りました。

20151015_seminar_photoF

▲株式会社ノヴィータ 代表取締役 三好怜子氏

 
ライトニングトーク終了後は交流タイム。ゲストの方々への質問など和やかな雰囲気の中行われ、充実したセミナーとなりました。
 
 

【Happyデジタル記者】なお
Happyデジタルの記事編集を担当。情報教育アドバイザー・メルマガ&ブログライターを経て、パソコン講師・Webライター&エディターとして活動中。映画、読書、旅行&デジモノが大好き。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする