ニュース☆自宅で教室を開講! 小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids Home Teacher」

by  更新

【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】戸田江里子
 

Tech Kids Home Teacher」は昨年秋にスタートした小学生向け自宅開講型のプログラミングスクール。運営する「CA Tech Kids」はサイバーエージェントの子会社として2013年5月にスタートして、小学生向けのプログラミング教育事業を展開しています。プログラミング経験があるママや、パソコンが好きなママの活躍の場が広がり、安心して子どもたちが地元で学ぶことができる環境が期待できそうです。「Tech Kids Home Teacher」の仕掛け人である、株式会社CA Tech Kids代表取締役の上野朝大(うえのともひろ)さんと担当の斎藤千秋(さいとうちあき)さんにお話を伺いました。

CA_Tech Kids_photoA

▲株式会社CA Tech Kids代表取締役の上野朝大(左)さんと斎藤千秋さん(右)

地域密着型のプログラミング教室、全国展開がスタート

Happyデジタル:
Tech Kids Home Teacherどのような経緯で始められたのでしょうか?

CA Tech Kids 上野さん、斎藤さん:
2013年にサイバーエージェントの子会社としてスタートして、小学生向けのプログラミングスクールを東京や大阪など全国6拠点キャンプは13都道府県で開催してきました。おかげ様で受講した本人はもちろん保護者の皆様からとても高い評価をいただいてきました。このような地方における継続的なプログラミング学習機会のさらなる促進に向けた新たな取り組みとしてはじまったのが当初のきっかけです。

そこで講師の自宅を教室にして、地元でプログラミングが学べる「Tech Kids Home Teacher」の展開を始めました。研修は1月中旬からスタートし、今年の4月から授業が開始いたします。講師はTech Kids Schoolの教材を使用し、自宅で小学生にプログラミングを教えます。

CA_Tech Kids_photoB

▲Tech Kids Schoolの様子

 
Happyデジタル:
大都市だけでなく、地元でプログラミングを学ぶことができるのは、小学生にとっても、保護者にとっても助かります。

プログラミング経験があるママや、パソコンが好きなママが自宅で講師に! 子どもの発想力と自主性を育むサポート役

講師はどのような方を想定されていますか?

CA Tech Kids 上野さん、斎藤さん:
子供に教えることが好きなママ層を講師として想定しています。PCの基本操作やメールでのやりとりが可能で、自宅に講習スペースがあることが条件です。

講師の方には、空いた時間を有効に活用して、地域の子供たちの成長に貢献できるという点が魅力となり、プログラミング教育の分野にチャレンジいただきたいなと思っています。「先生」と「生徒」の関係というより、カジュアルさと厳しさを併せ持ち、子供をサポートいただく力を重視しています。Home Teacherの第1期生として研修を受けていただいた方の中には、小学校のICT支援員の方や子供向けワークショップの経験者、プログラミング経験がある方などがおられました。

教室開設にあたっては、当方が教材や指導ノウハウ、運営まで全面的にサポートします。月謝からロイヤリティを当方に納入いただき、差額が講師の毎月の収入となります。開講後もスタッフが個別にサポートを行う予定です。

CA_Tech Kids_photoC

▲Home Teacherの方には、安心して開講できるよう
研修や手厚いサポートをご用意しています(斎藤さん)

 
Happyデジタル:
カリキュラムの特長について教えてください。

CA Tech Kids 上野さん、斎藤さん:
まず大前提としてIT企業が開講しているスクールということで、実践的なカリキュラムであることが特長です。中高生向けのプログラミングスクール「Life is Tech(ライフイズテック)」とも協業しています。

「秘伝の書」と言われる特別な教材を使い自学スタイルで知識を学び、さらにオリジナル作品の開発を行っていきます。また、年1回成果発表会を実施することで、プレゼンテーション能力も養います。子供たちが自らのアイデアを実現する力を身につけるカリキュラムとなっております。講師はそのサポートを行う役割を担っています。

CA_Tech Kids_photoD

▲Tech Kids Home Teacherの講習風景

 
CA_Tech Kids_photoE

▲子供たちの発想力と自主性を尊重した授業風景

 
Happyデジタル:
教科書通りの知識を詰め込むのではなく、発想力や自主性を養う場でもあるのですね。
今後の目標は?

CA Tech Kids 上野さん、斎藤さん:
「Tech Kids Home Teacher」を2020年までに3,000拠点に増やしていく目標を掲げています。プログラミング教育を通じて優れた人材を育てていくことに貢献していきたいと思います

CA_Tech Kids_photoF

▲発想豊かなプログラミング人材を育成していきたいです(上野さん)

 
【取材を終えて】
地域密着のプログラミング教室、今後ニーズが高まっていくことと思います。
あわせてプログラミング教育に興味があり、ご自身で「Tech Kids Home Teacher」として活躍するママたちも増えてほしいなと思います。
 
 

【Happyデジタル記者】戸田江里子
「Happyデジタル」立ち上げ人。きっかけは「女子が楽しめる家電店を作りたい!」という思いから。休日は家電店を回るのが趣味。日々面白いアプリやデジタル家電を求めて情報収集中。

この記事を書いた人

戸田江里子
戸田江里子Eriko Toda
「Happyデジタル」立ち上げ人。きっかけは「女子が楽しめる家電店を作りたい!」という思いから。休日は家電店を回るのが趣味。日々面白いアプリやデジタル家電を求めて情報収集中。

関連タグ

記事をシェアする