インタビュー☆子育てがもっと楽しくなる! 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」

by  更新

【タイトル】おでかけ情報量No.1!「いこーよ」人気の秘密はユーザー目線のサイト作り
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】倉井美穂
 

子供とのお出かけは悩みがつきないもの。子供が楽しめる場所なのか、食事スペースでは周りに迷惑をかけないかしら…。そんな時に頼りになるのが子供とお出かけ情報サイト「いこーよ」です。今回は「いこーよ」のおすすめポイントや今後の展望などをアクトインディ株式会社の島袋芙貴乃さんに伺いました。

iko-yo_photoA

▲アクトインディ株式会社 島袋芙貴乃さん

 

お出かけ情報&ユーザーからのリアルな体験記や口コミ情報も充実!

Happyデジタル:
「いこーよ」はどのようなサイトなのでしょうか?

島袋さん:
親子のお出かけに役立つ情報サイトです。2008年にサービスを開始して以来、北海道から沖縄まで47,000件を超えるお出かけ情報(2016年2月現在)を掲載してきました。単に情報を提示するだけのサイトではなく、親子のお出かけ体験を通して夢を育み子供の成長をサポートしたい、をモットーにサービスを提供しています。

iko-yo_photoB

▲お子さんとのお出かけの際には要チェック!役立つ情報&記事が満載です

 
Happyデジタル:
施設やイベントの情報だけでなく、体験記や口コミ情報も充実していますね。

島袋さん:
ユーザー登録をすると体験記や口コミを投稿いただけます。お出かけ先の体験日記や家族で楽しめるおすすめコースなどを皆さんからお寄せいただいているんですよ。また、口コミには「小さい子供と行くならこの時間帯がおすすめ」など実際に行った方ならではのリアルな情報が紹介されており、体験記ともどもユーザーの方から好評をいただいています。

Happyデジタル:
事前に下見に行くことはなかなかできないので、実際に行かれた方の生の声はすごく役に立ちます。ところで、どのような方が「いこーよ」を運営されているのでしょうか?

島袋さん:
スタッフの約7割が子供を持つパパ、ママです。今どんな情報が必要か、どうしたらより使いやすいサイトになるかなど、実体験に基づいて意見を出しあいながらサイトを更新しています。

Happyデジタル:
ひとくちに子供が楽しめる場所といっても年齢によって利用のしかたはさまざま。地域別、年齢別に細かく検索できるなど、ユーザー目線でサイトを作られているのですね。

島袋さん:
社内の営業・編集が連携してお出かけ先となる施設の方に働きかけ、旬の情報を随時提供していただいています。「いこーよで情報を見た方が来てくれた」と聞くとやはりうれしいですね。施設によってはお得なクーポンもついているんですよ!

イベント企画も開催中!次世代に「価値」を残せるサイトを目指して

Happyデジタル:
季節の特集ページを拝見しました。子供が楽しめるかという目線で情報がまとめられており、とても充実した内容だなと感じました。

島袋さん:
できるだけ即時性があり、実際のおでかけ内容に即した情報を掲載しているのが特集ページです。たとえば、現在掲載中の「おやこであそぼう雪遊び特集」ではキッズパークやソリ遊びができる場所や近隣にある温泉施設の紹介など、この週末にすぐ行ってみたいと思える切り口は何か?を特集制作チームが都度考えて提案しています。

iko-yo_photoC

▲雪で遊べるテーマパークから雪遊びをもっと楽しめる
アイテムまで幅広く紹介、その情報量は圧巻!

 
Happyデジタル:
サイトでの情報提供だけでなく、イベントの企画もなさっているとうかがいました。

島袋さん:
他の企業様と連携し、親子の魔法のかけっこ教室や学習机づくり体験イベントなどを開催しています。
かけっこ教室は結果だけを求めるのではなく練習を通して親子の時間を共有してもらうことを、そして学習机づくり体験では普段自分が使っているものが自然やたくさんの人のおかげで成り立っていることを子供たちに知ってもらおうと代表自ら企画したイベントです。とくに学習机づくり体験は毎回大人気のイベントなんですよ!
 
iko-yo_photoD

▲体験イベントで作成する学習机や購入いただける机は
本社ショールームで実際に見ることができます(期間限定、3月31日まで)

 
Happyデジタル:
ドリルやのこぎりを使って自分で木の机を作るなんて貴重な体験ですよね。ところでLINEとの連携も行なっているのだとか。

島袋さん:
はい。いこーよ公式アカウントと友だちになっていただき、トーク画面に地名や駅名を入力して送信すると、「いこーよ」おすすめのお出かけ先をご紹介できるようになっています。

iko-yo_photoE

▲これは便利!お出かけ先で近くのおすすめスポットをさっと探せます

 
Happyデジタル:
最後に今後の展望をお聞かせください。

島袋さん:
イベントの企画もそうですが、親子の成長を後押しして子育てがより楽しくなるような情報を常に発信していきたいという思いを社員全員が持ち、サイトを日々改善・改修しています。
昨秋「おでかけ先でハロウィンのお化けかぼちゃを見つけたら投稿してね」という企画を実施したところ、投稿がたくさん集まりました。ちょっとしたことですがこうしたことで普通のお散歩がより楽しくなりますよね。子供だけでなく、親も一緒に楽しめるようなことを皆でシェアしていけたらいいなあと考えています。
なお、現在「冬のおでかけ」をテーマにした体験記を募集中、入賞者の方には商品券のプレゼントもあります。2月7日の締め切まであとわずかですので、皆様ふるってご応募くださいね!

iko-yo_photoF

~取材を終えて~
「いこーよ」が次世代に夢を残せるようなサイトになることが全社員の願いと語る島袋さん、そのためにサイトの知名度や充実度をよりあげることがこれからの課題なのだそう。子育て中の記者にとっても便利で楽しめる情報が満載の「いこーよ」、これからも全国の親子の強い味方になってくれそうです!

<参考>
iko-yo_photoG
 
 お出かけ情報量No.1! 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ

 
 

【Happyデジタル記者】倉井美穂
消費生活アドバイザー/ライター。家電の取扱説明書制作を経て、守備範囲は生活全般に。家事に育児に仕事に奔走、カフェ&書店めぐりが大好きな二児の母です。1日が36時間くらいあればいいのに!

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする