小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法☆Live Photos

by  更新

【タイトル】動きを記録できる新しい写真、「Live Photos」
【カテゴリ】学習・知識シーズンイベント
【Happyデジタル記者】小山香織

 
昨秋以降、こんな話をときどき聞くようになりました。
「iPhoneで写真を撮るときにカシャッと音がしない。故障?」
「新しいiPhoneは、シャッター音ではなくピコッという音になったの?」
「写真を撮ったときの反応が遅い 」
これは多くの場合、iPhone 6s/6s Plusの新機能、「Live Photos」がオンになっている状態です。

LivePhotos_koyama_PhotoA

▲このアイコンに色が付いているのは、Live Photosがオンの状態です

アイコンに触れるだけでオン/オフが切り替わるので、ふとしたはずみに意図せずオンになってしまうのですね。
このLive Photos、シャッターを押した瞬間の直前の1.5秒と直後の1.5 秒、計3秒の動画を、写真と一緒に自動で保存するものです。

▲シャッターを1回押すだけで、写真と同時にこのような動画が記録されます

Live Photosをキレイに撮るコツは、iPhoneを構えて少し静止してからシャッターを押し、押した後もしばらく構えたままにしておくことです。

LivePhotos_koyama_PhotoC

▲「写真」アプリで強く押すと、動きを見ることができます

iPhone 6s/6s Plus以外のデバイスに強く押す操作はありませんが、iOS 9を搭載したデバイスにAirDropなどでLive Photosを転送して、「写真」アプリで写真に指先を当てたままにすると、動きを見ることができます。

LivePhotos_koyama_PhotoD

▲Live Photosを壁紙に設定することもできます

Macの最新のOSであるOS X El Capitanで「写真」アプリに転送した場合も、Live Photosとして認識されます。1世代前のOS X Yosemiteの「写真」アプリに転送すると、シャッターを押した瞬間の写真と、3秒間の動画の2つのファイルになります。また、iPhoneからメールで送信する場合には写真のみになります。このように、OSやアプリによって、Live Photosの扱いは異なります。
気になる容量は、あるファイルで確認してみたところ、写真が約2MB、動画が約1.7MBありました。Live Photosで撮ると、通常の写真のおよそ倍の容量になるということですね。iPhoneの空き容量が少ない方はご注意ください。
撮影に多少慣れが必要ですが、動きや表情が記録されるのは楽しいですよ。iPhone 6s/6s Plusをお持ちの方、使う機会がある方は、ぜひお試しください。
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『シンプルでよく効く資料作成の原則 – コンテンツ
とデザインからプレゼンを変える』(訳)、『OS X El Capitanマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする