小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法☆GEMBA Noteの使い方【第1回】

by  更新

【タイトル】GEMBA Noteのココがすごい! その1「ツールボックス」
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

昨年、株式会社MetaMoJiから発表された新製品、「GEMBA Note」。本連載でも、2015年12月にニュース試用レポートをお届けしました。
MetaMoJi社が「超機能」という言葉を使っている通り、GEMBA Noteの機能はほんとうに盛りだくさん。その中から、私がベータ版を使ってみて特に気に入った使い方を、今週と来週の2回にわたって紹介します。第2回はこちら

gembanote_koyama_PhotoA

▲とても多機能なので、MetaMoJi社では説明会を開催しています

今回は、ツールボックスを紹介します。
GEMBA Noteは機能が多すぎて、はじめのうちは覚えたり探したりするのがちょっとたいへん、と感じるかもしれません。

gembanote_koyama_PhotoB

▲これだけでもたくさんありますが、タップすると、
さらにさまざまな機能が用意されています

しかし、少し使っていくうちに、自分のよく使う機能がわかってきます。そこで役に立つのが、カスタマイズできるツールボックス。あらかじめ3つのツールボックスが用意されているので見てみましょう。

gembanote_koyama_PhotoC

▲右端の「通常用」「社内業務」「顧客訪問」のいずれかをタップ

gembanote_koyama_PhotoD

▲たとえば社内業務によく使うツールや
フォームが集められていて、ここからすぐに使えます

このように、自分の使い方に合うツールボックスを、自分で作ればよいのです。

gembanote_koyama_PhotoE

▲右上のメニューをタップし、「ツールボックス」をタップ

gembanote_koyama_PhotoF

▲「ツールボックスを新規作成」をタップ

gembanote_koyama_PhotoG

▲ツールボックスの名前を入力

「+」をタップして、項目を追加していきます

このようにカスタマイズすることで、まるで自分専用のGEMBA Noteであるかのように、さらに使いやすくなっていくと思います。

※本稿は正式版発売前のベータ版をもとに執筆しています。今後、仕様が変わることがあります。

小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法☆GEMBA Noteの使い方【第2回】

GEMBA Note製品サイト

GEMBA Noteベータ版試用申し込みページ

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『シンプルでよく効く資料作成の原則 – コンテンツ
とデザインからプレゼンを変える』(訳)、『OS X El Capitanマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする