もっと写真を楽しみたいという人のために、今年はこんな新製品が発売になります~「CP⁺ 2016レポート」~

by  更新

【タイトル】記者が選んだおススメ “すてきカメラ” を紹介します!
【カテゴリ】Happyデジタルニュース
【Happyデジタル記者】松本佳代子
 

2016年2月25日~28日にかけて、パシフィコ横浜で「CP⁺(シーピープラス)2016」というカメラや映像関連の展示会が行われました。プロのカメラマンが持つような一眼レフの高級機や大きなレンズが陳列する中で、一般人にも便利に使えそうな新機種がありましたので紹介します。

その1:毎日バッグに入れて持ち歩きたい、1ランク上のプレミアム機

まずはニコンのプレミアムコンパクトデジカメ「DLシリーズ」です。レンズの違いによって3種類ありますが、汎用性がありそうなのが「DL24-85 f/1.8-2.8」です。光学3.6倍ズームで、レンズが明るいのが特徴です。レンズが明るいと倍率を上げても手ブレしないのでありがたいのです。

DLシリーズは、最近のカメラ業界で注目になっている1インチのイメージセンサーを搭載しているプレミアム機です。イメージセンサーとは、レンズから入った光を電気信号に変換する部品です。具体的には、通常のコンパクトデジカメや1000万画素以上のスマホのカメラなどでは「1/2.3型」、6.2ミリ×4.6ミリのイメージセンサーが使われています。それに対して、1インチは13.2ミリ×8.8ミリと4倍以上の面積があります。それだけたくさんの光を受けることができ、例えば背景をぼかしてメインの人や花だけを浮かび上がらせたりという写し方ができます。手軽にアートな写真が撮れそうです。

記録としてだけならスマホや普通のコンパクトデジカメで十分なのかもしれませんが、1ランク上の写真を撮影したくなったときに、プレミアム機ならばポケットやカバンに気軽に入れられて、撮影するときにも気合を入れずに取り出せます。これまで撮影したあとに写真アプリを使ってアート写真に仕上げている人には、ぜひこの手のカメラで作品作りを楽しんではいかがでしょうか。
発売は6月頃、価格は本体のみで8万円前後、「EVFキット」は10万円前後とのことです。

CP+2016_PhotoA

▲右側がシルバー、左側のブラックは「EVFキット」。覗くのが好きな人、
明るい屋外での撮影が多い人は「EVFキット」でしょうか。

 
同じくプレミアム機では一足早く発売されているキヤノンの「PowerShot G7 X」の最新モデル「PowerShot G7 X Mark II」が出展されました。レンズはF1.8-F2.8と明るく、光学ズームは4.2倍、1インチのイメージセンサーを搭載と数値上のスペックは前機種と同じですが、画質が改善されたり、外見ではグリップ部分ができたりとマイナーチェンジされています。細かなところでは、レンズを手動ズームにしたときに、前機種の「PowerShot G7 X」ではクリック感のある手応えだったのが、「PowerShot G7 X Mark II」ではボタンを切り替えるとスムースになります。

これは担当者によると「ムービー撮影のときにズームを切り替える音が入らないようになりました」とのことで、ムービー派にはより雑音が減って嬉しいことです。
発売は4月下旬で、価格は税抜き79,300円です。

CP+2016_PhotoB

▲「PowerShot G7 X」と同じくロゴは「G7 X」だけですが、
ロゴの位置が向かって右下から右上に変わりました。ちょっとしたこだわり。

 
CP+2016_PhotoC

▲レンズ下のポッチを移動すると、手動ズームのときの手応えが
替わるというギミック付きです。好きな人は好きですよね、こういうの。

 
ちなみに、この手のカメラのカタログのレンズの欄には、よく「●群▲枚」と書かれていますが、それを解体すると中はこのようになっています。カメラの電源をオンにすると、ググッと飛び出してくるあのレンズの中身です。これは光学40倍ズームの「PowerShot SX720 HS」のレンズ部分で11群13枚です。この13枚のレンズがうまいこと重なり合って、ズームを利用できるのです。カメラというものが繊細な機械だというのが、よく分かります。

CP+2016_PhotoD

▲これだけのパーツがよくぞスッキリと収まるものだと感心します。

その2:持っていたら、いつもの生活が楽しくなりそうなサブカメラも!

スマホのように手軽に使えて、コンパクトデジカメより良い写真を撮れるのがパナソニックのAndroid搭載カメラです。先日、新機種の「LUMIX DMC-CM10」が2月25日に発売されたばかり。外見はスマホの背面にレンズを取り付けたような形で、撮影はスマホのカメラ機能と同じように画面をタッチしてズームや撮影モード切り替え、撮影を行います。本体の上に付いているシャッターを押しても撮影ができます。カメラ機能からAndroidに切り替えれば、通常のAndroidスマホのような画面になります。

CP+2016_PhotoE
CP+2016_PhotoF
CP+2016_PhotoG

▲スマホ用のカバーにこういうのありますが、デザインでなくて本物のレンズです。背面は
見慣れたスマホのカメラ機能のような画面です。シャッターは上面にしっかり付いています。

 
microSDカードが入りますのでデータのやり取りはSDカードで行うという使い方もできますが、SIMカードを入れれば普通のスマホのように通信できて、写真をアップロードするのにも便利です。パナソニックではデータ専用の通信プランが用意されています。月間の高速通信容量を超えても写真のアップロードは制限されず行えるのが特徴です。昨年3月に発売された前機種の「LUMIX DMC-CM1」から通話機能が省かれましたがマイクやスピーカーが付いていますので、通話するときにはLINEやFacebookの通話機能やIP電話を使うといいでしょう。価格は10万円前後です。

カメラといえば最近はアウトドアシーンでも撮影することができるようになりました。

ニコンが出展したのは360度を撮影できる「KeyMisson360」です。本体の前面と背面のデュアルレンズで前後360度のムービー撮影ができます。水深30メートルまでの防水性と防塵、耐寒性があり、落下衝撃にも強いアウトドア仕様になっています。4K動画対応とのことですので、弾ける海や川の水しぶきやどこまでも青く澄んだ空、可憐な季節の花々などすてきな思い出をいつまでも覚えておけるほどの高精細なアウトドア映像を楽しめそうです。スマホと常時接続して映像を見ることができます。
今春発売予定です。

CP+2016_PhotoH

▲ヘルメットの上に付けるというのはアウドドア用カメラの
定番っぽくなってきました。振り返らずとも後ろを撮影できるので安全です。

 
CP+2016_PhotoI

▲撮影したらスマホで見られます。見たい角度を指で操作。

 
このジャンルのカメラは今後も増えていきそうですので、休日に家族や友人たちとアクティビティにチャレンジするときにはもちろん、通勤や子供の送り迎えで自動車や自転車を使っている人、朝晩にランニングや犬の散歩をしている人は取り付けて見たら日常の世界が別世界に映りそうです。

「KeyMisson360」のサンプルムービーはこちらです。
 
 

【Happyデジタル記者】松本佳代子
デジタルなものが大好きなフリーライターです。

関連タグ

記事をシェアする