小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法☆防災特集

by  更新

【タイトル】3月11日を機に、あらためて災害への備えを
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織
 

東日本大震災から5年目の3月11日がやってきます。犠牲になった方、今もさまざまな困難の中にいる方を思うと同時に、身の回りの防災や安全をもう一度確認するきっかけにしたい日です。
万一の事態に備えるために日頃から知っておきたいアプリやサービスを、いくつか例を挙げて紹介します。

■地域限定のアプリ

特定の県や市、区に限定した災害情報のアプリが増えています。操作や機能はアプリによってまちまちです。自分の住まいや勤務先近くのアプリを見つけたら、インストールして試してみましょう。

koyama_bousai_photoA

▲「浜松市防災アプリ」。地図や施設リストのほか、笛の音を鳴らしたり、
ディスプレイやカメラのフラッシュを懐中電灯にしたりする機能も含まれています

 

■オフラインで使える地図

災害や停電などでネットにつながらないとか、つながりにくくなることは、地震だけでなく、ほかの理由でも体験したことのある方が多いでしょう。
ネットにつながらないとiPhoneの標準の「マップ」やGoogleマップなどは地図のデータを取得することができません。オフラインでも使える地図をインストールしておくと安心です。
首都圏京阪神中京圏の方には「帰宅支援マップ」アプリがあります。

koyama_bousai_photoB

▲「帰宅支援マップ首都圏」。オフライン地図と防災情報を利用できます

 
MapFan+」は、有料のオプションプランでオフライン地図を利用できます。

koyama_bousai_photoC

▲オフライン地図だけでなく、リアルタイム渋滞情報や
オービス通知機能などもあるので、ふだんも役に立つプランです

 

東京防災

昨年、東京都の全世帯に配布されて話題になった『東京防災』というハンドブックをご存じでしょうか。
東京都以外にお住まいの方にも役立つ情報が掲載されています。東京都のサイトからPDFをダウンロードできるので、スマートフォンやタブレットなどに入れておくといいかもしれません。
「東京防災」の作成について
 
koyama_bousai_photoD

▲ダウンロードできるPDFの一部。平時に読んで備え、
万一のためにデバイスに保存しておくとよいでしょう

 
災害時には特に、自分や家族のいる場所に特化した情報が必要です。そのニーズに応えるアプリやサービスが増えてきている印象があります。日頃から意識して見つけておきましょう。
ここでご紹介したもの以外にも、地方自治体、新聞各社の地方版のTwitterアカウント、交通機関なども、地域に密着した情報を発信しています。
また、海に近い、火山があるなど、地域によって警戒すべき災害は異なります。地域の特性に応じた情報をいつでも使えるようにしておきましょう。

浜松市防災アプリ

■浜松市防災アプリ
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch ※iOS 6.0以降
【料金】無料
【言語】日本語、英語
【販売元】 Hamanako International Brain Center Corporate © Hamanako International Brain Center Corporate

震災時帰宅支援マップ首都圏

■震災時帰宅支援マップ首都圏
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 4.3以降
【料金】840円
【言語】日本語、英語
【販売元】Libit. Inc © MAPPLE ON Co., Ltd.

震災時帰宅支援マップ京阪神

■震災時帰宅支援マップ京阪神
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 4.3以降
【料金】840円
【言語】日本語、英語
【販売元】Libit. Inc © MAPPLE ON Co., Ltd.

震災時帰宅支援マップ中京圏

■震災時帰宅支援マップ中京圏
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 4.3以降
【料金】840円
【言語】日本語、英語
【販売元】Libit. Inc © MAPPLE ON Co., Ltd.

MapFan+

■MapFan+
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS 8.0以降
【料金】無料(App内購入あり)
【言語】日本語
【販売元】INCREMENT P CORPORATION © INCREMENT P CORP.
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『シンプルでよく効く資料作成の原則 – コンテンツ
とデザインからプレゼンを変える』(訳)、『OS X El Capitanマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする