鬼から電話

by  更新

【タイトル】言うことを聞かない子供に喝!親でダメなら鬼の手を借りちゃいましょ!
【カテゴリ】子育て・教育
【Happyデジタル記者】山崎友香
 

子供のわがままはカワイイもの。とはいえ、いつも笑顔で対応はできませんよね。何を言っても聞かない時って本当に困ります。そんな時、「鬼が来るよ!」とか「鬼に食べられちゃうよ!」と怖がらせて何とか言うことを聞かせようとしたことはありませんか? 私はあります。でも子供って大人が思っている以上に賢く、すぐ慣れちゃうんですよね。鬼なんて来ないし嘘だってすぐバレます。でもこの「鬼から電話」というアプリはそんな大人の嘘を真実かのように子供に思わせ「喝!」をいれられる優れものなのです。

onikaradenwa_PhotoA

▲様々なシーンに対応しているのでリアルな会話になります!

 
onikaradenwa_PhotoB

▲言うことをきかない時にはまず「あかおに」にお願い。
着信中は背中を向けているのもドキドキします!

 
私には3人の子供がいますが、3人ともこの赤鬼の効果は絶大!このアプリの素晴らしいところは呼び出し音から始まるところ。「ほら! 鬼から電話がかかってきちゃった!! ○○くんどうする? ママ、鬼さんとお話しして○○くんのこと相談しちゃおっかな〜」なんて言おうものなら3人揃って「ダメーーー出ないで!切って!」となります。この反応なら着信を拒否というボタンがあるので拒否して終わります。でも怖がらず「いいよ〜でたら?」と余裕だったら通話ボタンを押します。

onikaradenwa_PhotoC

▲通話になるとホラ!! 怖いお顔で会話が始まります!!

 
本当に会話しているかのような間と問いかけ、ため息などを鬼さんが怖い声で話してくれます。ここで大事なのは親自身もしっかり演技すること! 鬼さんと会話しているママを全力で演じます。するとママは本当に鬼と友達なんだと子供たちは信じますので、次にアプリを使わなくても「鬼に〜」というだけでサッといい子になってくれることもあるほど。特に我が家の長女は悪いこともしていないのに泣いて怖がります。この時は別のフォローを入れつつターゲットの弟たちに喝を入れる最終手段として使っています。使いすぎると効果が薄れるのでここぞ!っていう時にしか使わないのがポイントです。

onikaradenwa_PhotoD

▲お化けもほら、怖いですよね〜。他にも色々いるんですよ。

 
子供って、親の言うことより他人の言うことの方が素直に聞いたりしますよね。これは私の経験ですが、電車に乗って子供が騒いでしまった時や、人通りの多い場所でベビーカーを降りて路上で泣き叫んで困り果ててしまった時などに、見知らぬ方のたった一声で子供が素に戻って泣き止んだことがあります。あれは本当に助けられました! その時にボイスチェンジの力を思い知ったんです! 子供の困ったシチュエーションで他人の声が欲しい時、スマホさえあれば可能となるのがこのアプリ。しかもその他人はコワ〜イ鬼やお化けたち。でもこの怖さも絶妙で怖すぎて寝られなくなるほどではなく、子供の事を想ってくれているような言葉や声のトーンが感じられます。画面のイラストも角度や表情が変わり本物のようです。怖いけど怖くない、でもやっぱり怖い。そんなしつけサポーターの力を借りるのもいいですよ!
 

アプリをダウンロードiOS版

アプリをダウンロードAndroid版

 
【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch *iOS6.0以降/Android2.3 以上
【料金】 無料(App内課金あり¥120〜)
【言語】日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語
【制作】MEDIA ACTIVE.INC© 2012 MediaActive Inc.
 
 

【Happyデジタル記者】山崎友香
ゆる系が得意なイラストレーター。3児(娘と双子男子)の母。健康オタクで学びオタク!「母親の無知は家族を病気にする」と言った師匠との出会いをきっかけに、子供を守る知識を正しく発信できるようコミュニティを立ち上げました。そこで食育、ローフードや予防医学セミナーのなどを主催しています。

この記事を書いた人

Happyデジタル編集部
Happyデジタル編集部Happy Digital Editor
好奇心旺盛なHappyブロガーたちの日々の出来事、家電やスマートフォンをはじめデジタル関連のレビューです。

関連タグ

記事をシェアする