小山香織のiPhone、iPadお役立ち活用法☆Macデビュー

by  更新

【タイトル】両方使えばさらに便利! iOSデバイスの次はMacデビューしませんか?
【カテゴリ】学習・知識
【Happyデジタル記者】小山香織

 
iPhoneやiPadを使っていることからMacを新たに買った方、Macの購入を検討している方も少なくないと思います。
さすがに同じApple社の製品、しかもハードウェアもOSも主要アプリもAppleが開発しているだけあって、似ている部分や使いやすい部分がたくさんあります。

共通のアプリがたくさんある

連絡先やカレンダーなど情報を整理するアプリから、Safari、マップ、FaceTime、写真などのいわゆるOSの標準アプリ。さらにはiMovie、GarageBand、Pages、Numbers、Keynoteなどのコンテンツ作成アプリまで。買ったときにあらかじめ入っているアプリの多くが、iOSデバイスとMacで共通しています。それぞれのアプリが、機能も使い方も似ていますし、多くのアプリがiCloudなどで連携したり同期したりできます。

koyama_Mac_photoA

▲iPhoneの「写真」アプリ

 
koyama_Mac_photoB

▲Macの「写真」アプリ

 
「写真」アプリを例にとると、年別、コレクション、モーメントの分類で表示され、地名をタップすると地図が表示されるなど、インターフェイスがよく似ています。

同期や連携がラク

iOSデバイスとコンピュータの連携や同期には、主にiTunesを使う方法とiCloudを使う方法があります。Macなら両方とも標準ですぐに利用できて簡単です。
Windowsパソコンでももちろんできますが、Windows用のiTunesやiCloudをApple社のWebサイトから入手する必要があります。
さらに上述のように、iOSの「連絡先」とMacの「連絡先」のように同じアプリ間で連携するので便利です。Windowsパソコンでは、たとえばOutlookなど同期先のアプリを確認し、準備する必要があります。

koyama_Mac_photoC

▲iPhoneの「設定」>「iCloud」

 
koyama_Mac_photoD

▲Macの「システム環境設定」>「iCloud」。設定項目はほぼ共通で、それぞれ同名のアプリで同期できます

 

操作の共通点が多い

スワイプしてスクロール、2本指のピンチ操作で拡大/縮小など、iOSに慣れていればMacもスムーズに使えるでしょう。

koyama_Mac_photoE

▲おなじみの、iPadのホーム画面

 
koyama_Mac_photoF

▲MacではDockの「Launchpad」をクリックすると…

 
koyama_Mac_photoG

▲iOSデバイスとよく似た、アプリアイコンが並んでいる画面になります。クリックして起動できます

 

検索も似ている

iOSもMacも「Spotlight」という検索技術を利用していて、使い方も検索結果も似ています。

koyama_Mac_photoH

▲iPhoneでの検索。アプリ、Web、メール、カレンダー、連絡先など、幅広く検索されます

 
koyama_Mac_photoI

▲Macでは画面右上の虫眼鏡アイコンをクリックして検索します。同様に、幅広い検索結果が返ってきます

 
iOSデバイスとMacの便利な連携方法として、Instant HotspotHandoffもこの連載で先日紹介しましたので、ぜひご覧ください。
 
 

【Happyデジタル記者】小山香織
ライター、翻訳者、トレーナー。『シンプルでよく効く資料作成の原則 – コンテンツ
とデザインからプレゼンを変える』(訳)、『OS X El Capitanマスターブック』など、著書、訳書多数。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする