美文字判定 書いて添削 ☆ きれいな文字で印象アップ!

by  更新

習いごと

美しい字が書けると書類書きも楽しい!「美文字判定」アプリで練習しよう♪

新年度は、学校関係の書類書きで大変! というママさんも多いのではないでしょうか。3人もの小学生がいる我が家でも、子どもたちが家族関係や健康カードなどをもれなく3枚ずつ持って帰り、今年も泣きそうな思いで書き上げました。

そこで気になったのが、恥ずかしながら自分の手書き文字の汚さです(汗)。特に最近はパソコンやスマホを使うこともあり、文字を「書く」機会が激減。とはいっても、書くことがまったくなくなったわけではありません。書類書きのシーズンはもちろん、病院での記入や子どもの友達に写真を渡す時などなど、「美文字」が書けたら…と思うシーンは多いものです。そこで気になっていた「美文字判定アプリ」を試してみました!

bimoji-hantei_icon

▲アプリの文字も「美」しい!美文字判定アプリ

 
「美文字判定 書いて添削」は、その名のとおり、書いた文字を添削してくれるアプリ。起動させると和風の音楽がさらさらと流れ、まるで書道家になったような気分を味わえます。

bimoji-hantei_PhotoA

▲消音モードでもOK。プレイヤーを選んでスタート!

 
早速、プレイヤー1を選んで開始してみました。「ひらがな」と「基本となる漢字」の2種類のモードがあります。基本となる漢字は「大」や「島」、「敬」など、日常的にもよく使う字ばかり。人名に使う漢字も多いところが実用的でうれしいですね。

bimoji-hantei_PhotoB

▲ひらがな46文字、漢字50文字にチャレンジできる

 
まずは「あ」から始めてみると…なんと「汚」の烙印が! 点数は100点満点の60点。ちょっとショックですが、カラオケの採点のようで面白くもあります。ムラムラと負けん気が起こり、「い」「う」とどんどん進めたくなりました。

bimoji-hantei_PhotoC

▲書いた文字の後ろにお手本の文字が浮き出してきて、細かいチェックが入ります。

 
新しい文字に次々と挑戦するのもいいですが、同じ文字をひたすら練習したいなら、左下の「新規」をタップ。二度、三度と挑戦していくと履歴がズラリと並んでいきます。だんだん点数が上がってくるとうれしい!「美」はもらえませんでしたが「並」にはなったのでとりあえず満足です(笑)。

bimoji-hantei_PhotoD

▲バランスを取るのが意外と難しい。目指せ「美」!

 
bimoji-hantei_PhotoE

▲最初は「汚」でも、「並」や「美」になれば一覧表に上書きされる

 
子どもたちにも勧めてみたところ、先を争うようにチャレンジ! マスの中にバランスよく書くことを意識するので、繰り返し練習することで美文字に近づくコツがつかめそう。この春、ぜひ親子で取り組んでみてはいかがでしょうか?ゲーム感覚で、「きれいな文字を書ける人」を目指しましょう♪

アプリをダウンロードiOS版

アプリをダウンロードAndroid版

【対応機種】iPhone/iPad/iPod touch対応 ※iOS6.0以降/Android 3.2以上
【料金】 無料
【販売元】GLODING INC.© Gloding Inc.
【言語】日本語
 
 

この記事を書いた人

松重明子
松重明子Akiko Matsushige
山口県在住、小学生三人の母。便利な家電が大好きで、主婦の仕事の負担を少しでも減らしたいと日々奮闘中。
子供と楽しめるイベントや、安くておいしいランチ情報にも目を光らせる。一人の時間は読書や映画、音楽、お笑い、演劇などを楽しむ。ライブに出かけるのも好き。
好きな飲み物はコーヒーや紅茶、でももっと好きなのはビールと日本酒。[Facebook]

関連タグ

記事をシェアする