子供が描いた絵をiPhoneでLINEスタンプにしよう!【第3回】

by  更新

親子でお絵描き

これまでにご紹介した方法で、すべてのイラストをスタンプ用に整えていただくことはできましたか? ここまできたらあと少し! 今回はいよいよ「申請」です。 この申請をするとスタンプとして販売できるか否かの判定が下されます。昔は3ヶ月もかかったこの審査。今では3日〜7日で結果がわかるようになったんですよ!
【第1回】はこちら【第2回】はこちら

自作LINEスタンプの登録~申請~販売までの方法

1)パソコンに画像を移す

ここまでスマホだけでやってきたスタンプ作成ですが、申請だけはパソコンからのみ可能です。
iPhoneをケーブルでつないで画像を取り込みましょう。(もちろん他の方法でもOK。パソコンに画像が渡ればどんな方法でも大丈夫ですよ。)

デスクトップ上でもどこでも「フォルダ」を新規作成してその中に全部入れましょう。

我が家の場合はこんな感じ

▲我が家の場合はこんな感じ

’hinaSTAMP’というフォルダを作ってその中に全部入れました。

2)ファイル名を変更する

各スタンプのファイル名は下記のようにします。

  • スタンプ        01.png〜40.png
  • メイン画像       main.png
  • トークルームタブ画像  tab.png

3)クリエイター登録

第1回目でLINE CREATORS MARKETへの登録をお伝えしたのでもう登録済みの方も多いと思いますが、スタンプの申請〜販売はここに登録されていることが必要なので手順に沿ってやりましょう。

LINE CREATORS MARKET
必要な情報を入力して登録完了です。
クリエイター登録っていう響き、なんか良くないですか?(笑)

4)スタンプを登録

4−1)
では、いよいよ制作したスタンプをここにアップします。
『マイページ』にある『新規登録』→『スタンプ』を選択。
するとこんな画面になりましたね。

まずはここにスタンプの情報を入力していきます。

▲まずはここにスタンプの情報を入力していきます。

スタンプのタイトルや全体の説明、クリエイター名、コピーライトなどなど表示されている項目に素直に入れていけば大丈夫。

さて、最初は英語で書かないといけません! びっくりしますよね〜 私にとってはここが最大の難関でした(夫にお願いしました笑)。ここは簡単な文章で十分です。英語を入力したら『言語』で『Japanese』にして追加をします。

▲日本語でタイトルとスタンプ説明を書きます。

▲日本語でタイトルとスタンプ説明を書きます。

こは日本での販売画面に表示されるので、使いたくなるような文章にできるといいですよ!

中国語やタイ語・フランス語など、できる方は全部追加して書きましょう! 全世界で販売されるため言語は多い方がいいのです!
すべての項目を入力したら『保存』をクリック。

4−2)スタンプ画像をアップロード
いよいよスタンプ画像を登録します。

この画面の《スタンプ画像》というタブをクリックします。

▲この画面の《スタンプ画像》というタブをクリックします。

まだ空っぽのスタンプ画像をこれから入れていきます!
この画面をあなたのオリジナルスタンプで埋め尽くしますよ!

この画面の一番下に『編集』とあるのでクリック。

▲この画面の一番下に『編集』とあるのでクリック。

一個ずつアップロードする場合

▲一個ずつアップロードする場合

「ZIPファイルアップロード」ではなく、この画面上でマウスを「main」や「01」などに置いてみてください。[Upload][Delete]が表示されるので[Upload]からスタンプ画像の保存場所に行き、スタンプ画像を選択してアップロードできます。

オススメは断然一括アップロードです! 42回アップ作業をしなくても全てのスタンプをZIP形式で圧縮したら一発で42個のスタンプ画像が登録できるからです。

*ZIPファイルの作り方*
圧縮したいフォルダを選択右クリック→〔送る〕にマウスを置く→〔圧縮(zip形式)フォルダ〕をクリック
これで新しい圧縮フォルダが同じ場所に作られます。((参考)私でいうと圧縮フォルダは ’hinaSTAMP.zip’ 。置き場所はデスクトップです)

さて準備は完璧に整いました! 上の図の赤丸で囲ったところ「ZIPファイルアップロード」を選択します。ファイル選択の画面が出てくるので、先ほど圧縮したフォルダが置いてある場所(参考:私の場合はデスクトップ)まで行き、ZIPフォルダを選択(参考:’hinaSTAMP.zip’)→右下に出ている「選択」をクリック。すると読み込みが始まり、全ての画像がアップされます。

こちらは私の娘が作ったスタンプです!

▲こちらは私の娘が作ったスタンプです!

こんな感じでアップされます。

この画面の全体を見て、抜けているスタンプはないか? 修正したいものはないか? などチェックします。なければこの画面の一番下にある「戻る」を選択します。

ついにここまできたか!って、なんか感激しますよね〜

▲ついにここまできたか!って、なんか感激しますよね〜

右上の「リクエスト」をクリック→出てきた画面で「OK」を選択。審査が開始されるので結果を待つのみです!!

5)結果が返ってきてからすること

結果は「承認」か「リジェクト」のどちらかです。

<承認された時>
まずは嬉しくて飛び跳ねます(笑)そして冷静に戻り、LINE CREATORS MARKETのマイページにログイン。

アイテム管理→承認されたスタンプを選択

▲アイテム管理→承認されたスタンプを選択

右上の「販売開始」をクリック!

▲右上の「販売開始」をクリック!

ついにオリジナルのスタンプがデビューする瞬間!!販売開始をクリックした後、数分かかりますがLINE STORE URLのアドレスを見るとちゃんと販売されます。お友達にこのURLを伝えたり、いきなりスタンプを送るのもいいですね!

<リジェクトされた時>
マイページのメッセージセンターに詳しいメールが来ていますのでログインしてチェックしましょう。

ガイドラインも読みながら直していきます。
https://creator.line.me/ja/guideline/sticker/

リジェクト理由が書かれているメッセージです

▲これは実際に私が申請したスタンプのリジェクト理由が書かれているメッセージです。

最初はものすごい数のリジェクトでした(笑)

どこがNGだったのかきちんと確認できます。そこを直してまた(4−2)の手順からアップロードしなおせば大丈夫!その時には、一個ずつのアップロードを使います。(リジェクトが多かったら全部直して一括アップロードにしましょう^^;)

子供の絵なのでどうしても難しい部分もありますが、修正を繰り返して申請が通った時には喜びは大きいです!
申請は何度でもできますから、諦めずにやってみてくださいね。絶対承認されます!

まとめ

いかがでしたか?スタンプ制作から販売開始まで、文字にすると大変そうに感じますよね。でもやってみるとシンプルで結構簡単なんだとわかっていただけるんじゃないかな〜と思います。
ちなみに先ほどから参考にと登場させているスタンプはリジェクト理由が最初は30個以上! でも徐々に減っていき無事販売開始できました。途中作業ができなかった期間もあるので申請から販売開始まで長いのですが・・・なんと2年かかりました(5才で描いた絵なのに本人7才になっちゃいました笑)

*私の娘のスタンプはこちら♪

いや〜嬉しかったですよ! 娘との約束を果たした開放感で(笑)
集中してできればきっと一週間程度で終わったと思いますが、ママ業はなかなか忙しいですよね。日常生活とのバランスを保って、気楽に楽しくやってみてください。お子様もきっと喜んでくれるはずですし、もれなくパパも喜んで使いまくることでしょう。

現在販売中のオリジナルスタンプはこちらです♪
*毎日(5歳が描きました)
*おずっちょ&おずっぺ
*シロねこ&ばあば

線の太さや言葉の入れ方など、他の方々のもいっぱい見て参考にしてみてくださいね。この記事を参考にステキなスタンプが生まれることを楽しみにしています!

この記事を書いた人

山崎友香
山崎友香Yuka Yamazaki
ゆる系が得意なイラストレーター。3児(娘と双子男子)の母。健康オタクで学びオタク!
「母親の無知は家族を病気にする」と言った師匠との出会いをきっかけに、子供を守る知識を正しく発信できるようコミュニティを立ち上げました。
そこで食育、ローフードや予防医学セミナーのなどを主催しています。[Facebook][HP]

関連タグ

記事をシェアする