RoBoHoN は女子のココロを動かせる?!Women in IoT

by  更新

RoBoHonカフェ

▲外苑前のロイヤルガーデンカフェ青山に期間限定でオープンした「RoBoHonカフェ」

RoBoHoNカフェ行ってきました。

話題のロボット型電話「RoBoHoN」。5月26日から6月7日まで青山にオープンした「RoBoHonカフェ」で会ってきました。IoT時代のアイドルになれるかな?

愛らしい仕草がたまらない

まずその可愛らしい外見と仕草に愛着が湧いてきます。
ダンスを踊って愛嬌を振りまく姿はとってもかわいい!(いつも一緒にいるにはこれ大切です)
「RoBoHonカフェ」でコーヒーカップの横にちょこんと座っていました
身長は約19.5cm、体重約390gです。

RoBohon

▲愛嬌たっぷりのRoBohon

機能も充実、プロジェクターも装備

もちろんスマホの基本機能であるメールや電話、写真撮影や検索もできます。何より会話ができるのが、楽しい!「おはよう」と声をかけると天気や予定を教えてくれます。
おでこに高画質レーザープロジェクターが付いているので、どこでもミニシアターに早変わり。写真や動画を投影できて便利!

プロジェクターになるRoBoHoN

▲プロジェクターにもなるんです!

人に寄り添うロボット、IoT時代を切り拓くアイドルに期待

実物を目にする前は、もっと機械的なロボットかなと思っていました。想像以上に双方向機能が多く、持ち歩きたくなる愛らしさがありました。開発者の方々のユーザーの使いやすさを優先した、寄り添うような暖かさを感じました。RoBoHonは、一部の新しいモノ好き=アーリーアダプターの自慢ツールで終わるのではなく、多くのユーザーに愛されて進化を続けてていくことを予感させる製品でした。

カフェメニュー

▲IoT時代のアイドルになれるかな?

RoBoHonは専用サイト及び家電量販店で購入できます。(価198,000円税別)

 

 

 

 

この記事を書いた人

戸田江里子
戸田江里子Eriko Toda
「Happyデジタル」立ち上げ人。きっかけは「女子が楽しめる家電店を作りたい!」という思いから。休日は家電店を回るのが趣味。日々面白いアプリやデジタル家電を求めて情報収集中。

関連タグ

記事をシェアする