「Kindle Unlimited読み放題」いよいよスタート

by  更新

kindle unlimited

月額980円の定額制で電子書籍が読み放題となるAmazonのサービス、「Kindle Unlimited読み放題」が、8月3日にスタートました。夏の読書のおともに始めてみませんか?

約1か月は無料体験もできる読み放題サービス

Kindle Unlimitedは米国で2014年7月に始まり海外諸国ですでに導入されていたサービスで、日本でも開始が噂されていました。日本では8月3日に開始され、月額980円で、対象となっているKindleの電子書籍が読み放題となります。
Kindle Unlimitedのページから、最初の30日間は無料で体験できます。

KIndle Unlimitedのページ

▲KIndle Unlimited

サービス開始時には、12万冊以上の本、コミック、雑誌が対象となっています。何万冊という数も重要ですが、自分にとっては読みたい本があるかどうかも重要。気になっている本があれば検索してみましょう。Kindle Unlimitedの対象かどうかが表示されます。

Unlimitedの対象と表示されます

▲このように表示されます

また、Kindleコミック、Kindle本、Kindle洋書のそれぞれのトップページの左側に、対象書籍の一覧が表示されるリンクもあります。

「読み放題対象タイトル」をクリックすると、一覧が表示されます

▲「読み放題対象タイトル」をクリックすると、一覧が表示されます

雑誌をたくさん読みたいなら「dマガジン」の方が適しているという感想を持った方も多いようです。dマガジンは、月額400円(税別)の雑誌読み放題サービスです。この機会に比較してみるのもいいと思います。無料お試し期間もあります。

dマガジンのトップページ

▲dマガジン

この夏、気軽に電子書籍を試してみませんか?

コスパとか「元が取れる」という観点で考えると、月に1〜3冊程度読めば元が取れるでしょうから、費用に見合う価値はあると思います。
しかし私は、気になる本をこれまでより気軽に読めるとか、これまで電子書籍はあまり利用していなかったけれどこの機会に使ってみるといった価値の方が大きいと考えています。

お子さんたちは夏休みで時間のある時期でしょう。読書感想文の宿題があるかもしれません。大人も夏休みにいつもより少しゆっくり読書ができたらいいですね。洋書の対象冊数が多いので、外国語学習に利用したい方にもいいかもしれません。
電子書籍は旅行のおともにも最適ですよ。何冊持っていっても荷物が増えないし、シリーズものの続きもすぐに買えますから。この機会に試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

記事をシェアする