夏休み後半!子どもと楽しむポケモンGOの遊び方

by  更新

ポケモンGOを遊ぶこども

こんにちは!フリーランスのグラフィックデザイナーで、1児の母の梅津ミスズです。

ポケモンGOがリリースされてそろそろ1ヶ月が経とうとしています(前回のレビューはこちら)。

進めていくうちに「いつも同じポケモンしかいない……。」「逃げられてしまって、なかなか捕まえられない……。」そんな壁にぶつかることはありませんか?

そんなときは、こちらを試してみましょう。

  1. ズリのみを使って、捕まえやすくしよう
  2. しあわせたまごを使って、効率よくレベルアップしよう
  3. とりあえず、レベル12になって新しいモンスターボールをもらおう

 

1.ズリのみを使って、捕まえやすくしよう

▲アイテム欄に入っています

▲アイテム欄に入っています

ポケスポットからモンスターボールと一緒に出てくることがある、このブドウのようなアイテムに見覚えはありませんか?

このアイテムは、こんな風に使います。

▲コラッタに使ってみました

▲コラッタに使ってみました

戦闘中にポケモンに投げると、ズリのみに夢中になります。

▲捕獲成功!

▲捕獲成功!

そのスキにいつも通りモンスターボールを投げて、

Screenshot_2016-07-29-18-20-45

▲やったー!

捕まえやすくなりました!

持てるアイテムには上限があり、いずれズリのみを捨てることになるので、序盤はどんどん使っていくことをおすすめします。

子どもとプレイしているとどんどんモンスターボールが減っていくので、温存するためにも役立ちます。

 

2.しあわせたまごを使って、効率よくレベルアップしよう

▲アイテム欄に入ってます

▲アイテム欄に入ってます

ズリのみと同じく、ここにあります。

これをマップ上で使うと…

Screenshot_2016-08-02-13-07-15

 

▲使用後

▲使用後

右上に30分のカウントダウン表示が現れます。

この時間の間、得られる経験値が2倍になります。

  • ポケストップでアイテムをゲットする
  • ポケモンを強化・進化させる
  • ポケモンをゲットする

などすると、通常の2倍の経験値が手に入ります。

ただ、限られた時間内でポケストップをハシゴしたり、ポケモンを見つけるのは大変です。

そこでおすすめなのが「30分間でひたすらポッポを進化させる」という方法です。

▲とにかくたくさんポッポとポッポのアメを用意

▲とにかくたくさんポッポとポッポのアメを用意

Screenshot_2016-07-30-16-32-05

Screenshot_2016-07-30-16-32-27

Screenshot_2016-08-01-13-45-24

ポッポはアメがたったの12個で進化ができるため、とてもレベルアップの効率のいいポケモンです。

アメが足りなければ、余ったポッポを博士に送ってアメに替えましょう。

Screenshot_2016-08-02-13-15-57

進化を選ぶと、ポッポが光に包まれて… Screenshot_2016-08-02-13-14-00

ピジョンに進化しました!

Screenshot_2016-08-02-13-21-00

余ったしあわせたまごの時間は、ポケスポットで「おこう」を使うことにしました。

Screenshot_2016-08-02-13-22-44

高確率でポケモンが寄ってくるので、捕まえていつもの倍の経験値をゲットしましょう。

 

3.とりあえず、レベル12になって新しいモンスターボールをもらおう

それでも、逃げれられることは多々あります。

▲CP193

▲CP193

CPという戦闘力が高いほど、捕まえるのが難しい……。

せっかく楽しんでた子どものテンションも下がってきます。

そこで、スーパーボールの出番です!

▲この青いのがスーパーボール

▲この青いのがスーパーボール

Screenshot_2016-08-10-17-06-05

レベルアップすると、ボーナスでスーパーボールがもらえます。

Screenshot_2016-08-16-12-54-12

以後ポケスポットでも手に入るようにになります。

Screenshot_2016-08-06-16-59-40

レベルが上がればいつもと違ったポケモンが出現して、図鑑の収集やレベル上げに便利です。

 

番外編:ポケモンのイベントに行ってきました。

昨年も開催されていた「ピカチュウ大量発生チュウ」に今年も行ってきました。

(8/7~8/14まで)

KIMG5412

▲桜木町の駅構内

KIMG5418

▲日本丸メモリアルパーク

KIMG5458

▲ランドマークタワー内の特設コーナー

KIMG5461

▲イベントスペースと無料配布のサンバイザー

KIMG5462

▲よこはまコスモワールド

KIMG5464

▲ワールドポーターズの店内

KIMG5466

▲ワールドポーターズのエントランス

おそらく2017年の夏も開催されると思うので、ポケモンGOを片手にチェックしてみてください♪

 

余談ですが子どもだとジムで勝ち抜いていくのはなかなか難しいので、こんな風に変わった楽しみ方もありそうですね。

ARを利用したスクリーンショットを撮って遊ぶ

ポケモンになった少年

▲AR(拡張現実)でポケモンの世界の中に

▲AR(拡張現実)でポケモンの世界の中に

 

 

Pokémon GO

対応機種 iPhone/iPad/iPod touch対応 ※iOS8.0以降/Android 4.4以上
料金 無料(アプリ内課金あり)
販売元
Niantic, Inc
ジャンル アドベンチャーゲーム

iOSアプリをダウンロード

Androidアプリをダンロードする

この記事を書いた人

梅津ミスズ
梅津ミスズMisuzu Umedu
美術大学のグラフィックデザイン科を卒業後、制作会社、広告代理店、印刷会社を経て、結婚を機に個人事業をスタート。
主にチラシやリーフレットなど、紙媒体の集客・営業ツールのデザインを得意としています。
女性向けのコラムの執筆、学生向けのデザイン講座、ママさん向けの就業・開業・事業支援なども行っています。

システムエンジニアの夫と、スマホやタブレット、ゲーム機を使いこなす息子と3人暮らしです。

関連タグ

記事をシェアする