通知や健康管理を魅力的なデザインの時計で〜HUAWEI WATCHレビュー【2】

by  更新

HUAWEI WATCHレビュー【2】

HUAWEIの女性をターゲットとしたスマートウォッチ、HUAWEI WATCH JewelとHUAWEI WATCH Elegant先週の記事では主に外観と設定を紹介しましたが、今週は実際の使い方をレビューします。

通知を逃さず、さまざまな操作ができる

スマートウォッチの便利な使い方としてまず挙げられるのは、スマホの通知を素早く時計の文字盤で見られること。メールやSNS、気象の情報など、逃さずすぐに知りたい通知はたくさんあるものです。スマホの通知があると、時計の文字盤下部に表示されるので、上へスワイプします。

通知が来たら上へスワイプ

▲通知が来たら上へスワイプ

すると通知の内容を詳しく見ることができます。

通知の内容が表示されます

▲通知の内容が表示されます

通知を左へスワイプすると、その通知に対する操作を選択できます。

通知に対応することができます

▲通知に対応することができます

通知を右へスワイプすると、その通知が非表示になります。

アプリを使ったり設定をしたりするには

文字盤を左へスワイプするか竜頭を長く押すと、アプリのリストが表示されます。使いたいアプリをタップして選択します。

アプリのリストから使いたい機能をタップします

▲アプリのリストから使いたい機能をタップします

「設定」から、画面の明るさ、文字盤の種類、フォントサイズ、音などを設定できます。

スワイプすると下の方にさらに多くの設定項目があります

▲スワイプすると下の方にさらに多くの設定項目があります

音声で操作するコマンドの「OK Google」にも対応しています。「OK Google」と時計に話しかけるか、アプリのリストの画面で左へスワイプすると、「OK Google」の待機画面になります。そして知りたいことや実行したい操作を話しかけます。
時計に話しかけるのはちょっと気恥ずかしく場所を選びますが、認識率や認識速度はじゅうぶん実用的と感じました。

この画面になったら、知りたいことや実行したい操作を話しかけます

▲この画面になったら、知りたいことや実行したい操作を話しかけます

健康管理にも役立てよう

健康管理に役立つ使い方も、もちろんできます。アプリのリストから「心拍測定」を選択し、しばらくじっとしていると、心拍数が測定されます。

心拍数を測定できます

▲心拍数を測定できます

アプリのリストから「毎日の活動を測定」を選択すると、その後は日々の歩数などが計測されます。その日の歩数が通知され、励みになります。

着けているだけで歩数が記録されます

▲着けているだけで歩数が記録されます

これからランニングをする、といったときには、アプリのリストから「ワークアウト」を選択しましょう。「ワークアウト」の画面になったら「スタート」をタップします。

「ワークアウト」の画面で「スタート」をタップ

▲「ワークアウト」の画面で「スタート」をタップ

目標設定をするために、「時間」または「カロリー」をタップします。

「時間」または「カロリー」をタップ

▲「時間」または「カロリー」をタップ

目標値を設定して「スタート」をタップします。

目標値を設定したらワークアウト開始!

▲目標値を設定したらワークアウト開始!

ワークアウト中は文字盤に時間や歩数などが表示されます。記録を停止すると保存され、後から履歴を見ることができます。

通知を逃さず健康管理にも役立つスマートウォッチは、使い始めるときっと手ばなせなくなります。特にAndroidスマホを使っている方なら、こんなデザイン性の高いスマートウォッチを選ぶのもステキです。

HUAWEIの公式オンラインストア

この記事を書いた人

小山香織
小山香織Kaori Koyama
ライター、翻訳者、トレーナー。『世界で闘うプロダクトマネジャーになるための本 トップIT企業のPMとして就職する方法』(訳)、『シンプルでよく効く資料作成の原則 コンテンツとデザインからプレゼンを変える』(訳)、『iPadマスターブック2016』(共著)、『macOS Sierraマスターブック』、『大きな字だからスグわかる!iPadかんたん入門』など、著書、訳書多数。

関連タグ

記事をシェアする