スケジュール管理も日記も…「TimeTree」応用編

by  更新

スケジュール管理も日記もデジタルで

▲スケジュール管理も日記もデジタルで

予定を書きこめるカレンダーアプリ「TimeTree」。以前、こちらの記事で家族とスケジュール管理を共有できるアプリとしてご紹介いたしました。

実は最近は、スケジュール帳としてだけでなく、全く違う使い方もしているんですよ。そこで今回は「TimeTreeの使い方 応用編」として、「日記」としての活用方法を説明したいと思います。

1.まずは「新しいカレンダー」を作ってみよう!

TimeTreeを使い始めた当初は、家族とのスケジュール共有ツールとだけ考えていた私。ある時ふと、複数のカレンダーを作成できる機能を応用すれば「日記」として使用できるのでは? と思い立ちました。そうと決まれば早速実行!

まずはアプリを立ち上げると、画面左上に表示される、横4本線のマークをタップ。するとカレンダーのタイトル画面に切り替わります。下側の「新しいカレンダーを作る」という項目を押し、カレンダータイプを選んで保存すれば新しいカレンダーの出来上がりです。

▲新たなカレンダーがすぐ作れる

▲新たなカレンダーがすぐ作れる

私の場合、「家族」はもうすでに共有カレンダーとして使っているので、「プライベート」を選択。タイトルを「日記」に変え、二種類のカレンダーを作成しました。

▲これで二つのカレンダーの出来上がり

▲これで二つのカレンダーの出来上がり

2.予定ではなく「過去の出来事」を記入

さて、「日記」という新しいカレンダーの使い方も、基本的には今までと同様です。ただし違うのは予定を書きこむのではなく、すでに起こった出来事を記入していくこと。スケジュール作成と同じやり方で、出来事のタイトルや写真を入力してみました。

▲日記として記録したい出来事を入力

▲日記として記録したい出来事を入力

▲写真も入れてみると絵日記風に♪

▲写真も入れてみると絵日記風に♪

3.なぜ「TimeTree」で日記?

「TimeTree」を日記としても使ってみようと考えた理由は、二つあります。

一つは、別のアプリを新たに使うのが面倒だなと思ったこと(笑)。日記としてのアプリも使おうと思えばよりどりみどりのはずですが、新しいアプリの使い方をいちから覚えなくてはいけないのはちょっと億劫。その点、複数のカレンダーを作れるTimeTreeなら、同じアプリの中でカレンダーを切り替えるだけでOK。予定を書きこむ「ついでに」日記も書けるので、ずぼらな私でも続けられそうです。

二つめの理由は、子どもの写真をSNSにアップするデメリットが気になり始めたことです。楽しかったイベントは、日々の記録も兼ねてFacebookに投稿していたのですが、子どもたちもそろそろお年頃。長女は来年には中学生ということもあり、写真のアップにダメ出しするようにもなってきました。いくら友達限定とはいえ、プライベート写真の投稿は確かに気になるところですよね。というわけで、TimeTreeの「日記」は、ネット上に公開することのない、本当のプライベートな記録としてもおおいに役立っています。

「TimeTree」は、複数のカレンダーを使いこなせばもっと便利♪ ぜひ、あなたに合った使い方を見つけてくださいね。

Time tree

Time tree

対応機種 iPhone/iPad/Android/※Apple Watch対応

料金 無料

言語 日本語、アラビア語、インドネシア語、スペイン語、タイ語、ドイツ語、フランス語、ポルトガル語、マレー語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、英語、韓国語

販売元 JUBILEE WORKS, Inc© JUBILEE WORKS, Inc.

iOSアプリをダウンロード

Androidアプリをダンロードする

この記事を書いた人

松重明子
松重明子Akiko Matsushige
山口県在住、小学生三人の母。便利な家電が大好きで、主婦の仕事の負担を少しでも減らしたいと日々奮闘中。
子供と楽しめるイベントや、安くておいしいランチ情報にも目を光らせる。一人の時間は読書や映画、音楽、お笑い、演劇などを楽しむ。ライブに出かけるのも好き。
好きな飲み物はコーヒーや紅茶、でももっと好きなのはビールと日本酒。[Facebook]

関連タグ

記事をシェアする